[トレードによるチーム再建案]中村奨成(広島)⇔井上朋也(ソフトバンク)or 鈴木翔平(西武)

三連覇の後、三シーズン続けてリーグ優勝できていない広島東洋カープ。
ハジメくんは、カモに対して鎖国政策を採り続けることを大資本メディアの社員に命じて選手補強や選手の故障に関する事実はシャットアウトする。そのくせ、クズ芸人と選手が戯れている画ばかりをリリースさせます。
テレビ局の社員がリリースした情報に洗脳されたカープファンは、セイバー指標に基づいて「選手の実力は他球団に負けていない、佐々岡の采配が悪いからリーグ優勝できないんだ」と言います。
私に言わせればね、カープの選手は、他球団の選手に劣るよ。
カープファンは、4連打しないと1点を取れない打線を批判し、2四球2安打で1点を取る野球を「繫ぎの野球」と言います。カープファンは、「三振は何も産まない、きわどい球を見逃して四球で繫げ」という石井琢朗、河田雄祐の教えに酔いしれます。カープファンは、「四球は安打と同じ価値がある」と言います。全ての物には、価値は備わっていないけどな。価値は付けるものだからな。
これらなんかは、野球をやったことのないセイバー野郎の考え方。
鈴木誠也のように、右手の小指で投球を叩いてスイングしていたら相手投手がストライクゾーンの中に投げてこなくなったというのであれば、シングルヒットに準ずる価値は付けることができるよ。踏み込んで歩幅を広げ、重心を落とした結果、審判がゾーンギリギリの投球をボールを判定してくれて四球となったというのであれば、振れなかったことには変わりがない。カウント3-0からウェストした投球を空振りしたり、高目のボール球を振ってポップフライを打ち上げた選手よりも、技術面では”大きく”劣るからな。

「準ずる」としているのは、シングルヒットが産まれれば、既に出塁している走者の技術、相手の守備の拙さ次第では、2つ以上進塁できるからね。投手に捕手が返球したときに、二塁ベース上、三塁ベース上に誰も野手が入っていなければ、一塁走者は、三塁ベースを陥れることができる。だから、ルール上は、四球でも2つ以上進塁できなくはない。けどな、プロ野球選手にそんな平和ボケをしてる奴は滅多にいないからな。四球2つに2安打で1点取っても4人がかりで一点を取る野球に変わりがないんよ。
丸や田中広輔は、四球も多く取るけど、ワンバウンドを振っただろ。けど、小園は、四球も少ないけど、三振も彼等の半分未満だろ。これは、小園が早打ちするからでもなく単打製造機になったからでもない。小園は左肩が残っているからなんよ。ノーステップで振っているから長打が打てないって言ってる奴も野球を知らない奴。前足を上げると後の股関節に体重が荷重されて後ろの股関節の外旋→内旋という後ろの股関節の加速距離が狭くなるから飛距離が出ないのである。
広島の選手は、三連覇のときから、4人がかりで一点を取る野球。田中広輔、野間はスモールベイスボールができていなかった。三連覇中と三連覇後の違いは何かというと、松山、長野のシングルヒットとバティスタ、エルドレッドの長打だよ。直近2シーズンは、他球団の投手の肉体の損耗が進んだ閉幕間際に連打が産まれるようになって連勝して最下位を免れた。確かに、ヘボいピッチャー相手にスモールベイスボールをやっていたら、投手の体が一シーズン持たないよ。けど、タフな投手からは、ソロホーマが打てても、走者を複数出塁させて、本塁打はできないからな。スモールベイスボールの面から見れば、ヤクルトの選手が、仮性包茎の大人であるなら、カープの選手は、真性包茎の小学三年生ぐらいのガキ。誠也が抜けるのは既成事実。佐々岡が野球を勉強しても、監督を入れ替えたとしても、トラックマン、ホークアイを設置しても、生え抜きの選手が今のままなら、.350 40ホーマーを打てる外国人を今から獲得しても、せいぜい、3位、来季以降、リーグ優勝は100%ないと断言できるよ。
アマチュア野球では、土のグラウンドを主に使用するから、田中広輔、西川、野間、矢野のような正しくないランニングでも通用したが、プロ野球で使用するグラウンドは、コンクリートの上にアクリルの芝で作ったカーペットを敷いている。金属バットを使用するアマチュア野球では、堂林、林のように追っ付けて逆方向に打つやり方でも通用したが、この打ち方は、プロのタフな投手には通用しない。プロに入ってくる選手は、正しくない体の使い方を続けて肉体の損耗が進行しているから、体の使い方方を改造する前に労働力が再生産できなくなってしまう。補強なくしてチームを強化することは限界がある。だから、どのチームの資本も毎シーズンオフにアマチュア選手を獲得している。トレードやFA取得選手の獲得による補強を行っている。

FA権取得選手、ノンテンダーFAになった選手

俺は今でこそ、テレビは観ないけど、ガキの頃はね、家にテレビも設置してあったし、テレビを見ていたわけよ。で、テレビに出ているのは、二重に整形して日本式の名前を付けた韓国人、白人とのハーフ、オカマばっかり出ていたのよ。一体、どこの国のテレビ番組なんだよってなるわけよ。今もそう?で、その頃の俺は、テレビ番組を見て洗脳されてたから、ユダヤ基準の美しいものが大好きで、醜悪なものには見向きもしなくなったわけね。そんな状態で、目の細いデブ、出っ歯のチビ、鼻ぺちゃのお嬢ちゃん、顔のでかい葉っぱを咥えたあんちゃんというユダヤ人が醜悪な日本人としてテンプレート化した登場人物の描かれた漫画がさー、書店に詰まれていても読む気が起らないわな。だからね、俺、ドカベンとかあぶさんとか水島新司の作品って読んだことないのよ。松本零士の作品も同じ根拠で観たことがない。俺は無宗教だしね。

それに、毒者のおまいらもさあ、同業者の書いた素人向けのブログなんか、そんなもの既に知っているから読まないだろ。俺も、野球の技術的な話が出てくる漫画って読まないもんね。野球漫画でも、巨人の星とかタッチとか、他の野球漫画よりも、野球とは距離を置いた心理描写の描かれたものを読んだよね。チビ男もブスも、リアルの世界で、それらに当てはまらない奴からいじめられているから、同じチビ男やブスの体験談なんて、そんなもん知ってるから読まないだろ。チビ男やブスでない奴が書いた「人間中身が大切なんだ」っていう綺麗ごとを書いた記事も読まないでしょ。チビ男やブス女が知りたいのは、俺みたいなイケメン高身長の奴が書いた本音なわけよ。だからね、俺のブログの毒者って、チビ男やブス女が多いのよ。で、俺に文句を言ってくるんじゃなくて、皮肉でなく、「本音で言ってくれて有難う」って言うんよ。

そういうわけで、俺ね、どっちかっていうと、野球漫画とか少女漫画の方が好きなんよ。ヒーローものは、ヴァーチャル上のものであるとしても、戦争論が、全ての関係が描き切れていない、ガキの俺でも一発で嘘、捏造とわかる、粗雑で陳腐すぎるからつまんない。ワンピースも鬼滅の刃も退屈でつまらない。ワンピースも鬼滅も画はかわいいけどね。サリーにマコ、メグ、ハニーとセーラームーンは、結構面白い。ロスチャイルドから委託されて製作した者としては、大衆を洗脳して白痴化できりゃいいんだから面白いわけないよな。少女漫画じゃないけど、面白かったのがドンチャックな。俺がガキの頃読んで面白かった少女漫画は、生徒諸君、ハイティーンブギ、ガラスの仮面、アタックNo.1、若草のシャルロット・・・・、中でも俺が一番、嵌ったのはコレな!ベタベタした女の手によって汚された芸術とは対極に位置した作品に仕上がっているところが、登場人物に対し、嘲笑と憐みの感情を惹起させます。

キャンディキャンディ

若いコは、読んだことがないだろうから、言っとくけどな、ツインテールの方がキャンディで、パッツン前髪の方がアニーな。アニメ版では、アニーは、黒髪に黒い瞳だけど、コミック版では、金髪で碧い瞳、これ、豆な。キャンディとアニーは、同じ孤児院で育てられ、アニメ版では、キャンディに競り勝って金持ちの家の養子になります。キャンディは、別の金持ちの家であるイライザとニールの実家の召使いかを経て養子になります。高校?のときにキャンディとアニーは再会します。

キャンディは、ロスチャイルドが電通社員に作らせた美の基準に照らすと、ブスキャラなんだけど、自己犠牲ができて、献身的。野球に例えると、バントや右打ちで走者を進める二番打者な。で、次々とイケメン高身長から告られる。で、アニーが片想いしているアーチーからも告られる。キャンディーはアプローチしていないわけね。他球団の資本は、編成担当を使ってFA権を取得するであろう選手を調査し、シーズン中から、FA権を取得するであろう選手と水面下で交渉をしている。しかし、FA権を行使する前提要件として申請を行わなければならない。マエケンも黒田もバックがポロポロ、エラーをして、打線は打ってミスを返してくれない。リリーフが打たれて何度も勝利投手の権利が消された。にもかかわらず、ハジメは補強をしない。給料も安い。FAってのは、松田元のように年俸が安く抑えられている選手がオーナーをポイ捨てする制度なんよ。FA権を行使して別の球団資本と契約することに反対する奴は、選手が金持ちになることを願わない、ハジメやロスチャイルドのファンなんよ。トラックマン、ホークアイを設置しろって言うのもハジメファン。それでマエケンと黒田は、カープを出ることを決めた。カープファンは、黒田がした「カープの選手を投げている自分自身の姿を想像できない」という発言を真に受けているが、黒田はカープの選手にビーンボールを投げるのなんか超余裕!ハジメが裏で金を積んだからメジャーとの契約を先延ばしにできた。選手自身も代理人を雇って他球団の関係者に売り込んでいる、告っているのね。

男は、自分一人が食っていけるだけの給料をもらえるから、女を抱かなくても生きていけるのよ。だから、好きな女のタイプを変える必要がないわけね。日本の女は、学歴に関係なく総じて頭が悪いし、仕事もできない。女に給料を与えると性労働をしてくれなくなるから、自立できるだけの給料を資本からもらえない。だから、女は、チビ、デブ、禿にとって自分よりも劣る存在なわけ。チビデブハゲにも、高嶺の花という発想がない。チビデブハゲでも大卒の美人に特攻する。イケメン高身長になればなるほど、女は嘲笑と憐みの対象なわけ。

俺は、自分を殴った法律上の父親、監督、コーチ、先輩に対してコンプも憧れもないから、人に対して威張ったりしないのよ。リアルの世界では、俺は温厚な人物として通っているんよ。俺が怒るのを我慢してるんじゃなくて、俺にとって男女問わず大半の奴は、嘲笑と憐みの対象だから、腹が立たないんよ。俺は、行きたくない所に行って食いたくないものを食うってのを楽しめないから、一人で遊ぶ派なわけね。だから、女を遊びに誘ったこともない。女に告ったこともないんよ。俺がモテたのは、漫画家の先生が平行二重の高身長をイケメンとして描いてくれったってのもあるけど、女に媚びなかったってのが一番の原因だと思うな。
リアルの世界では、ブスは、イケメン高身長から丁重に距離を置かれ、チビデブハゲからも相手にされないからな。リアルではありえない設定なんよ。
ブス女は、チビデブハゲの男と違って、イケメン高身長には、先ず告ってこない。ダメとわかっている勝負は挑んでこない。イケメン高身長に告ってくる女って、自分の容姿に自信がある奴なんよ。

ヨシくんは、今は、広島戦の試合前、誠也や西川と談笑しているけど、引退後は、再就職の関係で、殿堂入りしたら、別所が南海出身であることを隠したように、ビジネス関係上、カープ出身であることを隠しそう・・・・

慣れないことをやらされてイップスになってしまったんですね。カープの選手も慣れないポジションを守らされているけど、トップが固まっちゃったら、誰も代わりに投げてくれないよww笑笑

ロスチャイルドにも似てるけど、どっかの球団のファンにもそっくりだね。メンタルがだよ。顔は、カープ女子の方が遥かにブスだからな。

泣きわめいて孤児院出身だということがアーチーにバレてしまいます。

てか、嘘泣きする暇があったら、脱いだ方が早くね?

他人がメジャーで失敗して元の球団に帰ってくることを願っている、どっかの球団のファンにそっくりだね。メンタルがだよ。

その後、アニーは、キャンディに謝って仲直りしてアーチーとつき合うことになりました。めでたし、めでたし。なんか、新井さんみたいだな・・・・俺は新井さんの打撃は好きじゃないけど、計算高いところは嫌いじゃないよ。カープファンの中には、新井さんを未だに許してない奴もいるけどな。

昭和産まれのオバちゃんからは、アニーはイライザとニール以上に叩かれてるけど、俺は、別に、アニーみたいな女は、嫌いぢゃないよ。俺は女に行動が道徳上正しくあれとか学識とか家事労働とか子供とか求めないからな。俺は女と末永く付き合う気なんかねえから、女なんて、体を売って外で稼いでくれれば十分だからな。

来季の4番は小園以外あり得ない

<0から80勝をすることができない。選手は、自身の労働力の再生産の程度、他者との関係に応じてその都度肉体の稼働を変えていかないといけない。リーグ優勝は、肉体を稼動させて産み出した一つ一つのサービスの積み重ねである。目標なんか建てる必要はない。選手は労働から逃れることに成功していないから野球をやっている。目標を建てれば、選手が自由意思でやっていると資本から言質を取られる。選手がタダ働きさせられて栄養費に付ける価値が下げられる。トラックマンやホークアイを買えば、トラックマン、ホークアイが利潤を産み出したと資本が言い出すから、選手やトラックマン、ホークアイを稼動させるスタッフがタダ働きさせられ、栄養費に付けられる価値が下げられる。俺は、リーグ優勝を目指せとは言わない。
鈴木誠也がメジャー球団と契約するのは、既成事実と言ってよい。では、鈴木誠也の後の四番は誰にするか?他のブロガーは、坂倉、會澤、西川を挙げるが、何れも弱すぎる。俺としては、センターラインを固めて西川を代打に回したい。ピレラがカープに在籍していた頃と衣笠が現役の頃とでは投手の水準が大きく異なるから、比較としては適切ではない。しかし、衣笠は、右肩を残して小指で投球を叩きピレラのような速い打球を打っていた。
今、広島の野手で不足しているのは、右投げ右打ちの打者。右の堂林、正隨、マクブルーム、中村健人、末包は、何れも追っ付けて右に打つ。左の林も追っ付て逆方向に打つ。右打者でも左打者でも、追っ付て逆方向に打つ奴は弱すぎる。俺は、追っ付て逆方向に打つ奴に魅力を感じない。オールドファンは、大資本メディアの使用人に誘導されるがまま、堂林の逆方向の当たりが魅力と合言葉のように言うが、実際は、右肩が残らずにフェンス手前で失速する。堂林が一番まともにスイングしているのは左翼席に本塁打を打ったときなんだけどね。小園は、スライス回転がかかってしまって逆方向に打球が飛んでも、左手小指で打球を叩き、左股関節を剥がして振っている。

今シーズン、中日戦で、クローザーのマルチネスから坂倉が3ランを含む5点を取ってサヨナラ勝ちをした試合があった。しかし、マルティネスは、坂倉、西川には手抜きをして投げていた。小園に対してだけギアを上げた。投げてみれば、やっぱ、ピッチャーには、わかるんだね。広島打線の中で右では鈴木誠也、左では小園が一番振る力が高いって。

来季の4番に関し、俺は小園一択。迷いはない。
俺が佐々岡であれば、小園には競争をさせない。「お前を来シーズンは143試合4番ショートで使うから準備をしておくように」とだけ伝える。

4番は決まった。しかし、ホームランが量産できるのは、小園しかいない。

私的妄想トレード

カープファンの中には、カープファンであることを疑われている奴もいるけどさ、俺なんか、スポナビブログの頃から、カープファンから売国奴呼ばわりされ、巨人ファンとして認定されてるからな。俺も否定せずその状況を楽しんできたしな。俺の場合、法律上の父親が巨人ファンでね、でも、その頃、阪神、大洋、ヤクルト、中日は巨人に歯が立たなくて、一番カープが巨人を倒してくれそうだから、カープの”選手の”ファンになった。広島県で生まれ育った奴は、親が子供に巨人、阪神を敵と宣伝し、カープファンになるように洗脳教育を施されるけど、俺は広島に産まれてたら、カープファンにならずに巨人ファンになったと思うね。だから、広島在住のカープファンに忖度しようなんて微塵も思わない。
選手は、FA権を取得するまでに相当、肉体を損耗するからね。労働力が再生産できなくなる。野間が2022年、西川龍馬が2023年中にFA権を取得するようだけど、オーナーとしてはFA権を取得した選手についたは、去る者は追わずのスタンスでかまわないよ。

同じ根拠で、実績を産み出したベテラン同士のトレードも必要ないね。

俺としては、肉体の損傷の進行の進んでいない若手が欲しい。但し、若手であっても、インサイドアウトの完成度が高い、すなわち土台のできている選手でないと成長しない。アマチュアでの実績や二軍での成績が高い選手、新聞記者の付けた価値が高い選手をトレードやドラフトで獲得しても強くならない。俺としてはね、鈴木誠也や小園のような高校生に栄養費を弾んで、嘘泣きを交えながら、”なりふりかまわず”、巨人関係者、ソフトバンク関係者を蹴落として欲しいわけ。
俺としては、使えない選手を恰も使える選手であるかのように他球団の編成担当、監督、コーチ、オーナーを騙して、振る力があるにもかかわらず、埋もれている他球団の若手選手を、栄養費を弾んで、嘘泣きを交えながら、”なりふりかまわず”トレードで獲ってほしいわけ。他者に不利益を与えるのがビジネス。ビジネスに道徳や倫理は要らない。ビジネスは、ズルくて構わない。耕平がオーナーのときは、プロ入りして間もない、実績のない選手同士のトレードをしたけど、ハジメはやらないよね。
だから、カープで埋もれている選手をトレードに出すことによって試合に出れるようにしてやろうなんて綺麗ごとは言わない。俺は俺好みのチームを作りたいのだ。他球団の資本の内、貧すれば鈍するの状態になっているか球団資本が存在するかどうかである。

現実を逃避して俺が最も欲しいのは、ソフトバンクの井上朋也(右投げ右打ち)。鈴木誠也のスイングを、”肝となるプロセス”を欠落させることなくコピーできている。しかし、カープだけでなく、どの球団も右投げ右打ちは不足している。
また、私が毎シーズンオフ獲得を要望しているのが、西武の鈴木翔平(左投げ左打ち)。スイングは、小園と瓜二つのインサイドアウトスイングをする。左投げ左打ちだから、走るときの軸足、投げるときの軸足、打つときの軸足は、何れも右足で同一。
ソフトバンクは甲斐が不動のレギュラーで、控えには髙谷がいる。西武は、捕手森友哉のコンバート案が生じている。森友哉の後釜は層が薄い。西武の外野は、金子侑司(右投げ右打ち)、武田愛斗(右投げ右打ち)、岸潤一郎(右投げ右打ち)、川越誠司(左投げ左打ち)がいる。木村文紀(右投げ右打ち)は日ハムに移籍した。ソフトバンクは、外野のレギュラーが、柳田、栗原、グラシアルがいたが、右打ちのグラシアルは自由契約になった。ソフトバンクは、控えに上林がいる。
西武は、捕手が手薄で、ソフトバンクは、松田の後釜として砂川リチャードが現在のところは試合に出ている。砂川と井上朋也の負けた方が試合に出られなくなる。ソフトバンクは、右打ちの外野手が不足している。私は、昨オフは、交換要員として遠藤淳志を挙げたが、今季、遠藤は一軍登板なし。西武関係者側が遠藤を要らないと言うだろう。
そこで、私が交換要員で挙げるのは、”中村奨成”、右投げ右打ち。
中村奨成は、2017オフ、ドラフト1位で広島の松田元と契約。来シーズンは、プロ5シーズン目。
中村奨成は、漫然と見れば、鈴木誠也を彷彿させるスイングをする。中村奨成は、堂林、正隨、中村健人、末包らを蹴落として右翼のポジションを獲得できるかもしれない。
しかし、鈴木誠也、小園、前田智徳にはあって、中村奨成には欠けている動作がある。答えを言っちゃうと、トップハンドの肘のヒッチなんだけどね。中村奨成は、すぐにメッキが剥げるだろう。今のままでは第二の白濱になることもあり得る。大盛、羽月は一シーズン乗り切れるほど、振る力がアップさせられていない。中村奨成が欠落した動作を採り入れた打撃に改造するとなれば茨の道である。改造が終わる前に労働力が再生産できなくなって引退することとなる。しかし、ソフトバンク、西武の関係者を騙せば、結果として試合に出られて年俸が上がるかもしれない。

「[トレードによるチーム再建案]中村奨成(広島)⇔井上朋也(ソフトバンク)or 鈴木翔平(西武)」への4件のフィードバック

  1. >>オールドファンは、大資本メディアの使用人に誘導されるがまま、堂林の逆方向の当たりが魅力と合言葉のように言うが、実際は、右肩が残らずにフェンス手前で失速する。堂林が一番まともにスイングしているのは左翼席に本塁打を打ったときなんだけどね。

    堂林は左肩が入る影響なのか引っ張りの数字がどうしても上がらないんでしょうね。そこがずっと足枷になってるように思います。逆方向への長打はメディアから評価される傾向にありますが、あくまで引っ張れる上での副産物にしないとなかなか数字が伸びないように思います。

    ただ2020年の堂林は割れが作れるようになるなどの技術的な進歩があり、軸回転でレフトスタンドへ運べるようになったと感じます。下半身の使い方が上手くなり、地面反力をしっかり作れるようになった事でセンターから逆方向も伸びるようになったのかなと。ただ左足首捻挫で飛距離が落ちてからスタンドインしなくなりましたね。

    今年を見ても巻き返せるほど技術が固まってなかったのが見えて残念でした。来年春先には去年の水準まで最低戻さないと若手に負けて控えまっしぐらだと思います。投資された分しっかり返して欲しいんですけどね。

  2. 通りすがりのカープファンさん
    コメント有難うございます。

    堂林は、昨シーズン開幕直後は、會澤と同じく、右手親指でグリップを叩き、右足内転筋を内転し、右足のスパイクの内側で地面を噛ませることで左肩の入りが少し緩和がされました(完全にはなくなっていない)。しかし、右手中指、小指がしならず、右脇が締まっており、右肘がヘッドの外側に張り出しません。率は上がりましたが長打は減ります。右手首のコックを復活させてすぐに元(ユニフフォームの姓がフルに投手の方に向く)に戻りました。
    左股関節は、関節の溝が深く全ての関節の中で稼動域が最も広いですが、上半身の体重に荷重されています。右手の中指、小指の関節は、人差し指の付け根よりも関節の溝が深いですが、股関節よりは浅いです。しかし、右手親指の伸展→屈曲ができていれば、右手中指、小指の関節は外部から圧力がかかっていないフリーの状態です。右手の中指、小指の関節を内旋すると右肘が落ちます。右肩関節が外旋します。後ろの股関節の外旋がトップハンドの中指、小指の関節の内旋に先行すると、ファストボールに遅れます。私も現役のときは、前足の着地が先で、トップが後と言われました。
    堂林は、昨季、左足の着地位置を探る→左足首の底屈→左足首の背屈→右股関節の外旋の順で上半身と下半身の割れを作りました。この手順で行うと、左股関節がスウェイしたところで左足首を背屈し、右肩関節が残らないことがあります。左足首を捻挫すると左足首の底屈→背屈ができなくなります。
    一方、右手中指、小指の関節を内旋して右肘をヒッチすれば、右股関節も外旋し、左股関節の戻ります。左肘が上がり、左脇が空きます。左肩関節の内反が解除されます(外反は未だしません)。左手中指、小指がしなります。左肩関節が背骨の方に入りません。左肘が突っ張りません。左足首も背屈します。
    しかし、堂林は、中村奨成と同じく右肘がヒッチしないんです。西川も坂倉も左肘がヒッチしません。堂林と同じ順番で後の股関節を外旋します。ヘッドステイバックせず、右肩関節が残らず、右手小指と投球の軌道との間に距離、間が作れません。トップハンドの肘がヒッチできる打者は一流であるという価値が付けられ、それができない選手が二流、三流という価値を付けることができるのではないかと思います。

    1. 堂林のホームラン動画なんかを見ると左肩の入り方がマイルドになってる打席が多いですよね。あれを継続して出来ないものか…。投手側に背番号が大きく向いてしまう事で、下半身まで内側に入り過ぎてしまうので割れを安定して作るのに支障が出そうに見えます。ブログ内でも仰られてるようにその辺を改善して打率.280、30本塁打打ってくれと思いますね。それだけ打てたら文句無しに4番ですね。

      去年、8月29日に左足首を捻挫する直前まで本塁打を量産していたのがピタと止まったのはやはり支障が出てたんでしょうね。.317まで盛り返してた打率も落ちましたしね。あのまま20本塁打を超えていれば、前半だけとかケチ付けられることはなかったかなと思います(素人ファンは数字だけ見て中身見ない人が大半なので)

      ヒッチって昔の指導者から嫌われる傾向にありますけど、ヒッチする事で割れが作りやすくなるとか捻り過ぎを予防できるメリットがあったりするみたいですね。割れを作るのは成績を伸ばすために重要な事だと思いますし、しかも捻り過ぎを予防できるなら堂林にうってつけな動作な気がします。

      中村奨成を見てて思うのがインパクトの瞬間に伸び上がる癖がまだ抜けてない事ですね。調べてみると軸足の旋回が足らないとの事で、上半身主導の打撃になってしまってると。当然ドアスイングになりますよね。みんなOPS.800打ったと過度に期待してますが、個人的には来年継続して一軍で活躍できるかちょっと心配です。

      末包のホームランを見ても奨成と同じような傾向が見られる気がしてます。上半身のパワーに頼った打ち方。正しい体の使い方を意識してる感じには見えなかったですね(健人もですが)。スタンスも狭くて割れが作れないから突っ込みやすいし、開くから外スラに我慢できなくなるんだろうなと。選球眼を才能だと言う人いますけど、技術的な問題が大きいと思います。

      健人に至ってはドラフト前後に出回った映像見るとかなりのドアスイングでリストを返す打ち方が下水流のように感じました。これ大丈夫なんだろうかと…。この2人より正隨の方がまだ打ちそうに感じます。

      それと林はどうですかね?打席見るとスイング時に引き手側が伸び切ってドアスイングになってるように見えます。角度がなかなか付かなかったり、後半戦の失速もありますし、彼も2年目が心配な1人ですね。

      自分はまだ細かい技術論が理解できるほどのレベルではないですが、技術論を毛嫌いしながら数字だけ叩いて選手の実力がどうとか伸び代がどうとか話すようなファンにはなりたくないので、なるべく勉強するように心掛けてます。まだまだ教科書通りの大雑把なものですけど。ここのブログを見てまた勉強します。ありがとうございました

  3. 通りすがりのカープファンさん
    コメント有難うございます。

    ヒッチによって、前肩の捻りを抑える、割れが作られるのは仰られるとおりです。
    但し、ストライドが広がると、後ろの股関節は内旋、後ろ足の内転筋が内転するので、後ろ肩が残らなくなり、割れが崩れます。ストライド(両股関節の幅)は狭くていいんです。前の腹横筋が捕手方向に後ろに倒れず、前肘だけが後ろに伸びるのが拙いんです。すなわち、後ろの肘が下がらずにヘッドステイバックが小さいのが拙いんです。末包は、両手首をコックするので、右肘もヘッドの後ろに張り出しますが、左肘も突っ張ります。左手の小指も親指もしならないので左手小指、小親指の加速距離が短くなります。左肘が落ちるのが遅れます。右手中指、小指の関節を内旋する間ができません。右肘ではなく右肩関節を内旋したまま右肩関節をヒッチします。右肩関節が残りません。左足の親指が底屈したときにはストライドが狭いですが、右手の親指でグリップを叩くとストライドが広がります。
    中島健人は、親指でグリップを叩かずに、人差し指の親指でグリップを押すのでヘッドが立ちません。ヘッドが立たないので手首を返します。仰るとおりです。正隨は、ヘッドは下がりますが手首を返さないのでポテンヒットにはなります。
    林もトップハンドの左手の人差し指の付け根でグリップを押しているのでフォロースルーの直前に両肘が突っ張ります。左手の小指がしならないので、投球を左手の小指でこすっても角度が付きません。金属バットを使っていたときは、ホームランバッターでもプロでは中距離打者です。
    中村奨成は、仰られるとおり、右股関節の外旋する足りていません。左股関節も戻りません(内旋しません)。右足の拇指球で地面を後ろに蹴るので、両股関節をぶつけた後(右手人差し指の付け根又は中指並びに小指でグリップを擦った瞬間)に左の股関節が浮き上がります。
    何れも、トップハンドの人差し指の付け根でグリップを押すのは、トップハンドの中指小指の関節を180°内旋できていないので、一旦ヘッドが下がった後、トップハンドの親指でグリップを押す直前にヘッドが立たないからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA