Home

資本は、奴隷にサービス労働をさせる。
資本は、労働者が一人で労働をこなせなくなるまで労働量を増やし、納期を短縮する。
セックスして子供を他人に受胎させ、労働力商品を産ませ、サービス労働させないとと労働の全てをこなせなくさせる。
サービス労働をさせる相手に架空又は労働によって産み出された商品を与えないと、サービス労働をさせられたものは、労働力商品を再生産できない。
ロスチャイルドは、借用書をフィクションし、自身に借金をするが、借主に奴隷の名前を書く。
資本の手先は、実体のない観念である需要をフィクションする。
架空の商品を支給する。
子供は、親の資産を相続できることとする。
架空商品だけを与えると労働者は労働から逃げ、更には自殺してしまう。
労働者を経済関係上の権利義務の当事者にさせる。
労働者は、動植物、労働者に生産、混合、加工させた商品を購入する。医者を作って使い、病気というレッテルを貼らせる。労働者に住居を購入又は賃借させ、睡眠休養を取らせ、自殺を防止させ、労働力を再生産させる。人間は、労働を停止し、筋肉が弛緩する。
労働者が死ぬまでに労働者に子供を作らせ、労働者に課したロスチャイルドの借金を労働者の子に返済させる。
女、子供から賃労働を取り上げ、子供を作った男親からの逃げ道を塞ぐ。
労働者にその親とその子に無償で飲食を提供させ、医療介護を行わせる。
労働者同士を競争させる。
頻繁に家族を一か所に集め、労働力の再生産を強制し、財産の奪い合いをさせる。
牧師や僧侶を使って、家族が集まって財産の奪い合いをさせることに対し、冠婚葬祭、法事という方便をフィクションし、故人を偲ぶという大義を後付で付与する。
労働するのは労働者の肉体であるが、ロスチャイルドは、手先に時間、距離、価値、属性という実体のない、労働することのない観念をフィクションさせる。
別の労働者に実体のある商品又はサービスに関して価値を付けを宣伝させる。
架空商品に価値を付ける。
労働者に商品又はサービスを購入させ、散財させる。
資本の手先が達成感、やりがいという言葉を使って労働者を洗脳する。
資本の手先は、自由、愛、快楽、性質、本能、神話、道徳、正義、歴史、倫理、宗教、平和、平等、幸福という実体のない観念をフィクションし、それらを使って労働者を洗脳する。
教師を作って使い、子供を一か所に集めさせ、無償労働をさせ、洗脳させる。学校で無償労働をして、学校を出てからも無償労働をしないと商品が支給されず、借金してもいないのに背負わされた借金を返すことがでいない。自殺するなと洗脳される。商品が与えられ、労働力商品が再生産ができるるまでサービス労働をせざるを得なくなる。
教育、学問、正義、倫理、道徳、宗教、イデオロギー、法、、価値属性、本能、神話、観念によって労働をコントロールすることはできない。他の労働力商品を破壊するのは、肉体の稼働である。
教育、学問、正義、倫理、道徳、宗教、イデオロギー、価値属性、本能、神話、観念、法を受容するということは、搾取されたことを甘受することである。
野球というサービスを一方的に消費し、散財するに留めるか、野球を題材にして、労働力商品の再生産、サービスに付ける価値、労働からの逃亡の問題を研究するかは貴方次第である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA