[選手名鑑]3年連続打率三割中村晃

左投げ左打ち
中村晃は、左足のスパクの内側の拇指球う寄り、右足の小指球でエッジをかけ、オープンスタンスにしてセットアップする。ヘッドはホームベース方向に倒す。左手首をコックさせヘッドを直立させる。右足のスパイクの外側で地面を蹴る。左手小指の関節を内旋して左肘をヒッチさせる。右手親指基節骨でグリップを叩く。フライングエルボーをする。頸反射することによって前肩、前肘が捕手方向に入ることを防止している。右足は、スパイクの外側から入射する。左肘をヒッチしてヘッドステイバックし、左手小指基節骨を投球の軌道に入れる。左肘のアクセレーション期に左股関節が内旋する。左手親指基節骨でグリップを叩く。両股関節をぶつける。フォロースルーは、左手小指基節骨でする。右股関節を外旋してから戻し、アウトステップする。左手を離して手首が返るのを避けることがある。
中村晃は、ボールが一塁ベースに達する前から一塁ベースの右中間方向の角に左足の拇指球から小指球のラインを引っ掛けており、走塁を妨害しているというレベルには達していないが、ベースを深く踏んでいる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA