ケース打撃の基礎ができていない[対ロッテ22回戦F4-7M]

日本ハム対ロッテ22回戦、先発は、コディポンセと小島和哉
ポンセは、序盤の2イニングスを1失点に留め、18個のアウトを取り、3失点に抑え、ロースコアの接戦を産みます。無安打で一点を取る野球ができずに点差を広げることができません。

無死一二塁におけるバント

無死一二塁のケースでバントで送っても一死二三塁、無安打で得点できる。
8回裏、杉谷は、グリップを左手親指の一部で叩く前に左手首をコック(背屈)する。左腕前腕部の回外にブレーキがかかる。プッシュバントの前に左肩関節が外旋しない。
西野は、右膝が外側に開く。右手親指の指先でボールを押してしまう。右肘を上げることができない。三塁送球が逸れる。

無死二三塁におけるケース打撃

8回裏、無死二三塁無安打で得点できる。
谷内は、西野が右手親指基節骨でボールを叩いた後、右手親指の指先のしなりを解き、西野が右手首が煽った後、バントのセットアップが完了する。右手親指のPIP関節(親指の付け根でない方の関節)が屈曲し、右手親指の指先でグリップを押してしまう。谷内は、ファウルゾーンの飛球を産み出す。松川は、バックネットに背中を向け、バックハンドでグラブを出すが、グラブの先に打球を当て落球する。二塁走者、三塁走者は、松川が左腕前腕部を回内した後、タッグアップでスタートを切る。二塁走者、三塁走者が帰塁する。
西野は、右腕前腕部を回内し、右肘を伸展させてから、右肘を屈曲する前に右腕前腕部を回外する。谷内は、西野が右腕前腕部を回外した後、右手親指の指先をしならせる。西野は、右手親指基節骨でボールを叩き、右肘を上げ、右腕上腕部が内旋する。その後、右腕上腕部を外旋して右肘をアクセレーションする。谷内は、右手親指のPIP関節(親指の付け根でない方の関節)が屈曲し、右手親指の指先でグリップを押してしまう。谷内は、西野が右手親指基節骨でボールを叩いた後、右手親指の指先のしなりを解き、西野が右肘のアクセレーションした後にバントのセットアップが完了するが、ヘッドが立たない。右腕前腕部の回外し切らない内にバントのトップを解除する。打球がホームベース前に落ち、三塁線を超えてファウルとなる。
3バント失敗で一死二三塁となる。
西野は、申告四球で松本剛を出塁させる。
一死満塁、西野は、22球目 投球をワンバウンドさせる。 審判は、タイムかける。
打撃戦になれば、投球数が増える。支給される架空商品に栄養費の属性が付与され、価値が付与されるが、1投球当たりに付される栄養費に付けられる価値が下がる。オーナーはロスチャイルドに利潤を産み出すことができる。
23球目 ワンバウンド タイムをかけずに捕手からボールを取り上げる。走者は帰塁する必要が生じないが、帰塁するのが経済関係上不文律となってしまっている。
25球目 ワンバウンドし得る投球 両膝を着いてノーバウンドで捕球する。タイムをかけずに捕手からボールを取り上げる。
29球目に対し、万波は、左足スパイクの外側を真上から入射する。右腕前腕部を回外する。トップを作る。グリップを右手親指基節骨で叩く。左足のスパイクの外側から入射するが、左足のスパイクの外側の歯が小指一本分に前に出る。右肘がフライングエルボーしたところで止まる。
30球目、万波は、右肘をフライングエルボーする。左足のスパイクの外側から入射するが、左足のスパイクの外側の歯が小指一本分に前に出る。右腕前腕部の回外にブレーキがかかる。トップが解除できずに三振する。

アルカンタラの盗塁

4回裏、一死一塁、一塁走者に進塁義務が生ずる。カウント3-1からランエンドヒットをかける。アルカンタラは、小島が左腕前腕部を回内した後、左足のスパイクの外側から入射するが、左膝が外側に開く。走路が僅かに膨らむ。二盗に失敗する。

小島和哉の牽制、清宮の帰塁

1回裏、今川が右腕前腕部を回外して引っ張る。右手親指基節骨でグリップを叩くと、ヘッドが投球の軌道の下に潜る。左股関節を剥がしてスライス回転をかける。今川の右犠飛で同点とする。
カウント1-1から、小島は、プレートから左足のスパイクの外側を外さず、左股関節をバックステップする。左腕前腕部を回内する。左肘を屈曲し、左手親指基節骨でボールを叩き、左肘を上げる。右足は、スパイクの内側から入射する。オーバーハンドで一塁牽制を投じる。清宮は、左足拇指球で地面を蹴り、右手小指で一塁ベースの右翼寄りのラインにタッチする。その前に一塁手が清宮の右腕上腕部にタッグする。

石川直也のピッチング

左肩は左打席の外側のラインからボール1.5個分入ったところに向ける。グラブは、背骨の右側で丹田の高さにセットする。右足のスパイクの外側は、プレートの三塁側に沿わせる。左膝は右膝と右股関節の中間の高さでアウトサイド125°に屈曲する。左肩が左打席の外側のラインからボール3個分入ったところに向く。頸反射していない。右腕前腕部を回内する。
右腕前腕部を回内した状態で、右肘を伸展し右手首を骨盤の右側を通過させた後、右腕前腕部を回外する。右肘がアウトサイドに屈曲する。左足の前脛骨筋を回内(外反)し、左足の裏を35°の角度で立てる。左打席の中心線に左足外踝を向ける。左足首は、背屈している。頸反射している。右手親指基節骨でボールを叩く。右肘が屈曲する。右肘が上がり、右腕前腕部が回内する。スタンダードWで右肘を上げている。左足はスパイクの内側から入射する。
しかし、右肘を伸展してからスタンダードWで右肘を上げているので、右腕前腕部の深層屈筋、上腕部の棘下筋、側副靭帯の損傷が進んでいる。フォークを投げると、右腕前腕部を回外(フォロースルー)した後、右手人差し指と中指がくっつかない。フォークをワンバウンドさせる。捕手の古川は、右手短拇指屈筋、拇指対立筋でワンバウンドした投球を止める。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA