満塁におけるランエンドヒットは手段としては手堅い[対西武20回戦F1-3L]

日本ハム対西武20回戦、先発は、上沢直之と髙橋光成
打者走者は本塁に到達する前に塁間が4つ作られています。アウトカウントは3つ加算されると攻撃終了です。投手又は捕手が肩関節の外旋運動を大きくすることに成功すれば内旋運動の加速距離が短くても刺せることができる分、成功が二盗よりも難しい三盗、本盗に成功しないと安打待ちの野球となります。バントは、無死二塁の場面で使うのが基本です。

一死満塁からのランエンドヒット

1回表一死から石井が右前安打で出塁します。石井は、二盗に成功します。
髙橋光成は、近藤に四球を与えます。
松本剛が二ゴロを打ちます。一死満塁となります。
三塁手の呉は、中間守備ほどではないが三塁ベースの前、三塁周辺の遊撃寄りアンツーカーと芝の境目に守る。新庄はランエンドヒットを仕掛けます。二塁走者の近藤、三塁走者の石井は、髙橋光成がグラブを肋骨した後に二次リードを取り、石井は、髙橋光成がグラブを右肩関節の方に入れたときに走塁におけるトップを作ります。首が三遊間に捩じれています。近藤は、未だ二次リードを取っています。髙橋光成が右腕前腕部を回内した後、右手親指基節骨でボールを叩く前、右肘がつまみ上がる前に石井、近藤は、スタートを切ります。一塁走者は、投手が右手親指のしなりを解いてトップを解除した後に二次リードを取り、スタートを切ります。上川畑が初球、アウトハイ(左打者のインハイ)のカットボールに差されて三邪飛を打ちます。
三本間の2/3を通過していた三塁走者の石井は、呉が捕球後、1回目に右肘をつまみ上げた後、三塁にリタッチし、タッグアップでスタートを切ります。二塁走者の近藤は、三塁ベース周辺のアンツーカーと芝の境目を通過しています。石井は、一旦、三塁に帰塁しましたが、飛球が上がった後は、事実上二死です。三塁ベースにリタッチしたか否かは、リタッチしていないことを審判に申告して審判にタイムをかけさせることをを要します。審判がタイムをかけなければ、全てのプレーは進行し続けます。呉は、ファアグラウンドに背を向けてバックハンドで背骨の左側で飛球を捕球してくれただけでなく、左股関節をバックステップし、右肘をつまみ上げた後、右股関節をバックステップし、左股関節が戻ります。再度右肘をつまみ上げ、左足スパイクの外側から入射した後、左足スパイクの外側が一歩前に飛び出します。右肘をアクセレーションする前に左股関節を外旋し、二塁に送球してくれています。石井は、飛び出した近藤がフォースドアウトになる前に本塁ベースを蹴らなければなりません。よって、三塁に帰塁してからスタートを切り、ルールに則ったとしてもタッグアップでスタートを切った後は、三塁に帰塁する必要は生じません。しかし、石井は、左足のスパイクの内側から入射し、左足のスパイクの内側で三塁ベースの本塁寄りのラインを蹴ってリタッチします。首は中堅方向に捩じれています。スタートを切った後、右股関節が外旋し、右膝が右足つま先の前に出ます。左足の拇指球で地面を後ろに蹴ります。右足は小指球から入射しますが、右膝が右足の爪先の前に出ます。石井は、左足のスパイクの内側で入射し、アンツーカー内の三塁線上で静止してしまいます。二塁手の外崎が二塁ベースに入り、送球を受け、二塁ベースを踏みます。併殺が成立し、攻撃終了となります。

無死一二塁からのケース打撃

9回表、増田は、近藤、松本剛に四球を与えます。無死一二塁となります。
松本剛に代走中島卓也が送られます。打者がゴロを打っても、一塁走者がオーバーランして二三塁間に挟まれれば、二塁走者は本塁に還れます。上川畑は、投前にバントします。
しかし、一塁走者の中島卓也は、二塁ベース近くから減速し始めます。オーバーランせずに二塁ベースを蹴ってストップします。
1回表のケースも9回表のケースも攻撃手段としては誤りが生じません。実行する選手に問題が生じます。
次章以降でその根拠を詳細に述べます。
前者は、上川畑が、ネット際でネットに背骨を向けて大根切りでの素振りを増やすことでクリアできます。

リスクは、実体のない観念である

人間及び人間が肉体を稼動することに関しては実体が存在すると感知することができます。肉体労働をすることに関して、ロスチャイルドの工作員は、「役務(サービス」という属性を付与します。役務の提供が完了したものには、ロスチャイルドの工作員によって「商品」という属性が付与されます。労働を終えた人間には、「労働力商品」という属性が付与されます。
「役務」にも「商品」にも、予め価値は備わっていません。ロスチャイルドの工作員は、「役務」と「商品」に実体のない観念である「価値」を付けます。木やプラスチックの板、労働力商品がスイッチ押して稼動させる板やコンピュータにも価値を付けます。人間が時計、定規という属性を付与している物体も商品です。予め価値は備わっていないのです。「円、ドル、センチ、時間」も実体のない架空の観念である「価値」です。「役務」と「商品」に価値を付けないことで利潤が生まれます。価値を付けて商品を交換する前に利潤は生じています。「商品」は、利潤を産みません。利潤を産むのは、無償労働です。商品を使用しても商品に付された価値は、減りません。減価償却費は、労働に付された価値が疎外されたものです。
金貨、銀貨、銅貨は、労働力商品が労働によって産み出した商品ですが、肉体労働をせずに紙やパソコンの画面に付された商品は、実体が確認できない「架空の商品」です。
「架空の商品」にも予め価値属性は付与されていません。ロスチャイルドの工作員は、「架空商品」に価値を付けます。「架空商品」も利潤は産みません。「利子」「リスク」は、実体のない観念上の「架空商品」です。リスクは、肉体を稼動しないことで生じます。リスクも利潤を産みません。
労働力商品は、食糧を買い、労働を休まないと労働力商品を再生産できません。同族会社の役員は、労働力商品に「架空商品」を支給します。労働力商品に支給された「架空商品」に付けられた価値が給料です。交換に供する商品に付けられる価値を労働力商品の給料に付けられる価値は別個のものです。給料という属性が付与されて支給された商品に付された価値に相応する価値を交換に供される商品に付けると、奴隷が働かなくても生きていけることが前倒しになり、奴隷が無償から逃げてしまい、利潤を産むことができなくなるからである。
同族会社の役員は、契約している使用人に無償労働をさせずに、他の同族会社の使用人が労働して産み出した役務、商品を買うことによって利潤の損失が生じます。

進塁義務、フォースドプレイ、タッグプレー

打者走者及び既に出塁している走者は、スイングの結果、産み出された打球が投手、捕手を含む野手にノーバウンドで捕球された場合、進塁義務が課されません。打者走者以外の走者は、進塁義務が課されていない場合でも、進塁することは妨げられていません。インフィールドフライであると審判に価値を付される場合でも打者走者以外は進塁できます。2ストライクを取られた場合だけでなく、2ストライクを取られる前のいかなるカウントであっても、ファウルを野手がノーバウンドで捕球できなかった場合以外、打者走者以外は進塁することができます。捕手が投手に返球する間も打者走者以外の走者は進塁できます。
2ストライクから捕手にワンバウンド以上で捕球された場合にも打者走者には進塁義務が課されません。
打者走者は、ゴロを打った場合、進塁義務が課されます。打者走者以外は、進塁することは妨げられていません。一塁に走者が既に出塁していない場合には、打者走者はオーバーランをすることができます。
走塁の基礎の一つが「ファアゾーンをオーバーランすること」です。
無死一塁、一死一塁、二死一塁の一塁走者が進塁しないと、ゴロを打った打者走者は、一塁ベースをオーバーランできません。一塁走者には進塁義務を生じさせます。
無死一二塁、一死一二塁、二死一二塁においては、打者走者がゴロを打った場合、二塁走者が進塁しないと一塁走者は、二塁ベースをオーバーランできません。一塁走者だけでなく二塁走者にも進塁義務が生じさせます。
無死満塁、一死満塁、二死満塁においては、打者走者がゴロを打った場合、三塁走者が進塁しないと、二塁走者は三塁ベースをオーバーランできません。一塁走者が二塁ベースをオーバーランできません。一塁走者、二塁走者、三塁走者の全ての走者に進塁義務を生じさせます。
一方、無死二塁、一死二塁、二死二塁においては、打者がゴロを打っても、打者走者は、一塁ベースをオーバーランすることができます。二塁走者には、進塁義務を課しません。
無死三塁、一死三塁、二死三塁において、打者走者がゴロを打っても、打者走者は、一塁ベースをオーバーランすることができます。三塁走者には、進塁義務を課しません。
無死一三塁、一死一三塁、二死一三塁において、打者走者がゴロを打った場合、三塁走者が進塁しなくても、打者走者は、一塁ベースをオーバーランすることができます。三塁走者には、進塁義務を課しません。
但し、一塁走者が進塁しないと、打者走者が一塁ベースをオーバーランすることができません。一塁走者には進塁義務が課されます。
無死二三塁、一死二三塁、二死二三塁においては、打者走者がゴロを打った場合、三塁走者が進塁しなくても、二塁走者が進塁しなくても打者走者は、一塁ベースをオーバーランすることができます。
進塁義務が課された走者に対しては、野手は、タッグしなくてもベースを踏めばアウトを稼ぐことができると、野球という競技を産み出した者がルールを作りました。
進塁義務が課されていない走者に対しては、野手は、タッグしないとアウトを稼げないこととしました。

野球の土台は、投手を中心とした守り

ドアスイングでない投手が、労働力を再生産することがでできていれば、打者走者が出塁することは難しい。投手及び野手がスタンダードWで投げられば、盗塁、進塁も難しい。しかし、自分が契約しているチームの投手がインサイドアウトスイングの完成度が高く、労働力が再生産できていれば、相手チームの打者走者も出塁するチームすることが難しい。投手及びその他野手がスタンダードWで投げられれば、盗塁進塁も難しい。2-2のロースコアの接戦を作れれば、3得点すれば勝てます。0-0のロースコアの接戦を作れば1点取れば勝てます。

攻撃の土台は、引っ張ってフライボールを産むインサイドアウトスイング

盗塁は、打者走者をそのイニングに一人も出塁させることができなければ行えません。ドアスイングの投手か労働力商品を再生産できなくなった投手でない限り、1イニングに複数の打者走者を出塁させることは難しい。労働力商品は、労働の源泉です。しかし、言い方を換えれば、盗塁は、1イニングに打者走者を複数出塁させることができなくても、最低一人でも出塁させることができれば、行うことができます。
打者は、グリップをトップハンドの親指の一部でグリップを叩いてトップハンドの肘を上げます。
トップハンドの親指でグリップを叩いた後、引手の肘、肩、首がトップハンドの肩関節方向に入る打者は、インロー以外は、前足の股関節を背骨付近で真下に落すことができません。トップハンドの肩関節周辺の棘下筋、棘上筋が突っ張ってトップハンドの肩関節が外旋できません。打者は、投球をカットするか追っ付るのが肉体の稼動の限界です。トップハンドの肩関節が外旋できないと審判は、「ストライク」という価値を付けます。
この打者は、ワンバウンドのボールに対し、「ストライク」という価値が付けられます。投手は、棘下筋、側副靭帯、深層屈筋を損傷するワンバウンドを投げなくても、インロー以外に投げれば、アウトに取ることができますから、労働力が再生産できない場合を除き、四球を与えません。
ど真ん中のカーブに対しても「ストライク」という価値が付けられます。
よって、野球の基本は、引っ張ってフライボールを産む「インサイドアウトスイング」です。
打者走者は、一塁に出塁することに成功すれば、3アウトを取られる前であれば、ファウルをノーバウンドで捕球できなかった場合以外は、進塁することに制約が課されていません。盗塁は、成功すれば、アウトカウントが加算されません。二死一塁からでも無安打で得点することができますので、指揮官は、全てのケースにおいて安打待ちの野球をする必要は生じません。

攻撃のもう一つの土台は、フェアゾーンをオーバーランすること

進塁義務が課されていない場合は、野手はタッグをしないと当該走者をアウトにすることができません。
フォースドプレーは、打球又は送球の受け手は、送球を捕球した後、役務の提供が完了し、固定された商品であるベースを蹴ります。
タッグプレーは、打球又は送球の受け手は、送球を捕球した後、運動中の商品である役務を叩きますので、打撃や投球と同じです。打者走者及び打者走者以外の走者は動きを停止してはいけません。ベースランニングの基本は、「フェアゾーンをオーバーランすること」です。
野手は、打球又は送球をグラブを持つ手の肩関節で投球を叩き、ベアハンドをフライングエルボーしてベアハンドの肩関節を外旋して送球、打球を受けると共にトップを作らないと打者走者又は打者走者以外の走者をアウトに取れません。
二盗、三盗、本盗をする「Base Steal Sweepin’」のが野球の土台です。

ランエンドヒットは手堅い攻撃手段であるという価値を付けることができます

ランエンドヒットは、3アウトを取られるまでは、どの投球カウント、どのアウトカウントからでも行えますが、3アウトを取られる前までに打者走者が最低一人出塁しなければできません。重盗は、打者走者が複数出塁しないとできません。
捕手、打者、走者は、投手がセットを解く前にトップハンドの肩関節を外旋してセットを解きます。投手がボールを親指の一部で叩く前に、走者は、トップハンドの肩関節を内旋し、打者、捕手は、トップハンドの親指の一部で其々グリップとミットを叩かないと、トップポジションを作ること、トップポジションを稼ぐこと、トップハンドの親指の一部でミットやグローブでその後の動作が先送りになります。その後の動作の其々が投手がする其々よりも遅れます。トップハンドの肩関節の内旋運動の加速距離が短くなります。
投手は、投球する手の親指の一部でボールを叩いた後、ボールが指先から離れますが、投球する肩関節を外旋することによってトップハンドの小指の基節骨でボールを叩くことができます。これがフォロースルーです。

投手は、フォロースルーを行った後、ボールが指先から離れますが、更に、投球する手の親指の一部でボールを叩くことができます。これがフィニッシュです。フィニッシュを省くのが「ギアを上げない」です。投手はフィニッシュが近付けるにつれ、投球動作の稼働の軌道修正が難しくなります。投手は、投球のフィニッシュに近付けば近付く程、本塁から他の塁に投げる動作に軌道修正するのが難しくなります。フライングエルボーの前に投球肩関節を外旋することができていないと投手は、その後のトップハンドの肩関節の外旋運動、内旋運動を軌道修正しながら行う間が作れないのでトップハンドの肩関節の外旋、内旋運動が加速しません。筋肉が弛緩しません。盗塁の基本は、左肩関節の外旋(トップ=左手親指の指先のしなりを作ること)を投手がセットを解く前に行い、投手がフィニッシュした後、すなわち打者がフライングエルボーを解除した後に走塁のトップを解除するディレードスチールすることです。走塁におけるトップができていれば、右股関節が引っ込みますので、走塁のトップを解除すれば、加速距離が長くなります。ディレー
ドスチールは、肉体労働ですから、リスクという実体のない架空商品を生じさせる根拠とはなりません。
ベースランニングの訓練不足又は労働力が再生産できなくなってベースランニングを含むトップハンドの肩関節が加速距離が短くなった走者を、打者がトップハンドの肩関節を外旋、内旋運動をして進塁を助けるのがランエンドヒットです。及び、進塁義務が生じている走者の進塁を助ける手段です。進塁義務が生ずる場合は、塁が詰まっているので、ディレードスチールでスタートを切るのが難しく、投手がセットを解いた後にスタートを切らざるを得ません。投手は、本塁以外の塁に投げる動作に切り替える間ができるからです。更に、指揮官は、三塁手に走者が三塁に達している場合、三塁ベースに張り付け若しくは三塁ベースに入れる位置で守れと言う一方、特に、スクイズを使うことが難しい二死の場合、三遊間を破られ、二塁走者にまで本塁に還られることを嫌います。よって、指揮官は、三塁ベースから離れて前進守備をさせたり、遊撃寄りに守らせます。三塁走者は、ディレードスチールのスタートが切りやすくなります。三塁走者は、右投手がセットを解く前に、走塁におけるトップを作るか更にはトップを解除して右足のスパイクの外側を真上から入射した後静止することにより、右投手が静止不十分であると審判に価値を付けられ、右投手にフォースボークを導き出させることができます。ランエンドヒットをかければ、三塁走者の進塁を助けます。バントの基礎は、トップハンドの肩関節の外旋、内旋運動を行うプッシュバントです。バントもランエンドヒットの一部であるとカテゴライズすることができます。ランエンドヒットは、ワンバウンドの投球以外は、打者と走者の双方を動かすので、攻撃手段としては、走者のみを動かす単独スチールよりも手堅いという価値を付けることができます。
打者は、トップハンドの肩関節の外旋を行う間が中途半端になると順方向のゴロ、バックネット裏でのファウルが産み出されます。トップハンドの肩関節を行う間が全く作れないと、トップハンドの肩関節が内旋し、アウトハイ、インハイ、真ん中高めの投球に対しては、逆方向への飛球が産み出され、ワンバウンドの投球、ど真ん中のカーブに対してストライクという価値が付けられます。
カット打ちの練習をさせたり、ペッパーやトス打撃でセンター返しのゴロを打たせる練習をさせたり、シート打撃で追っ付て逆方向にゴロを打たせる練習をさせたり、追っ付て逆方向に犠飛を打たせる練習をさせたりして、実戦でランエンドヒットをかけるとワンバウンドを空振りします。ど真ん中のカーブをスイングできなくなります。
ランエンドヒットの土台も、「引っ張ってフライボールを産むインサイドアウトスイング」です。
ランエンドヒットは、打者走者及び三塁走者以外の走者は、フェアゾーンをオーバーランすることによって、既に出塁しているその他走者の進塁を助けることができます。
重盗の場合も、三塁走者以外の走者がオーバーランをすることによって、三塁走者の進塁を助けることができます。

公文克彦のピッチング

右肩を左打席の外側のラインからボール1個分入ったところに向ける。頸反射はしていない。グラブは、背骨より左側で、丹田の高さにセットする。左足のスパイクの外側は、プレートの一塁側に沿わせる。
2回目に右膝のレッグアップをした後、右肩が左打席の外側のラインと一塁前の交わるポイントからボール3個分外れたところに向く。
右足は、スパイクの外側から入射する。

森友哉のバッティング

左手首の高さを左肩の高さと同じにしている。ヘッドの角度をアウトサイド100°にしてホームベース方向及び投手方向に傾けている。プレートの一塁側に頸反射している。左手親指のPIP関節を屈曲している。左手人差し指の指先はグリップに巻き付けていない。左肩関節を外転、左腹横筋を伸ばしグリップの高さを耳の高さに上げる。ヘッドの角度をインサイド60°にする。プレートの一塁側に頸反射している。左足のスパイクの内側、右足のスパイクの内側でエッジをかけ、オープンスタンスにしている。左足の親指が捕手方向に向き、左膝が外側に開いている。左肘をヒッチする。頸反射する。左手親指の基節骨の内側でグリップを叩く。上沢が右腕前腕部を回内した後、森は、右膝を左股関節と左膝の中間の高さで屈曲する。右股関節を内旋する。頸反射している。右膝を骨盤の高さに上げる。右膝を伸展する。ヘッドが一二塁間に向く。右足はスパイクの外側から入射する。ヘッドステイバック後も頸反射している。左手小指の付け根を投球の軌道に入れる。左腕前腕部の回外後、ヘッドが投球の軌道の下に入る。左手親指基節骨でグリップを叩いてフィニッシュする。右中間席に本塁打を打つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA