守り勝つ野球ができなかったことが敗因[対西武13回戦F2-6L]

日本ハム対西武13回戦、先発は、吉田輝星とエンス。加藤貴之が腰の故障で先発ローテーションから離脱し、吉田輝星が今後も先発ローテーションに入るのかリリーフに戻るかは現段階では未定である。

エンスのピッチング

エンスは、右足のスパイクの内側、左足のスパイクの外側でエッジをかけ、左膝は、左打席の外側のラインと一塁線の交わるポイントに向け、オープンスタンスにして、左肩の背側を左打席の外側のラインの捕手寄りに向けスクエアスタンスにしてセットアップする。左足のスパイクの外側は、プレートの一塁側に沿わせている。首は、左打席の外側のラインの外30cmに向け、頸反射はしていない。右腕上腕部は内旋し、左腕上腕部は外旋している。グラブは、背骨よりも左肩寄りのベルトの上にセットし、左手中指の付け根で握る。
左足首を背屈し、右膝の屈曲の高さを胸元の下までにしたとき、左足がヒールアップする。右肩が左打席の外側の外1mのところに向く。左腕上腕部は外旋している。頸反射はしていない。右腕前腕部を回外、左腕前腕部を回外し、右足首を背屈し右膝を伸展し始めたときに左足踵が地面を荷重する。頸反射している。右腕前腕部、左腕前腕部を回内すると右膝が伸展する。右足首は屈曲している。左膝が折れ、左足首が底屈し、左足小指球にウェイトが移る。頸反射している。左肘は完全に伸展する前に左肩関節窩を内旋して左肘を屈曲する。左肩関節外転前に右腕前腕部を回外する。左足小指球にウェイトがかかり、Cアーチが崩れる。右足は、スパイクの内側の踵寄りから入射する。頸反射はしている。
左手首が最大背屈位のとき以後も左手小指の第二関節の内旋が続くが、左手小指の付け根が左打席の外側のラインの外1mのところに向いたところ、左手首の背屈したところから左手親指のしなりを解き始める。頸反射はしている。エンスは、清宮が放ったゴロが左足首に当たり、15個のアウトを取ったところで降板した。

ベルーナドームで投げる吉田輝星

吉田輝星は、右足のスパイクの外側をプレートの一塁側に沿わせる。頸反射はしていない。右手小指の第二関節の内旋を完結できず、右手親指がしならせる間がてきない。右手親指が屈曲、伸展し、右肘がアウトサイドの角度で屈曲したところで右手親指の腹でボールを叩いて右肘をつまみ上げている。頸反射はしている。左足はスパイクの外側から入射している。右手小指基節骨が立って左打席の内側のラインからボール2個分内側に入ったところに向いたところで右手親指のしなりを解き始める。頸反射をしている。右手親指の腹でボールを叩く直前に親指基節骨が左打席の内側のラインからボール1個分内側に入ったところを向く。
右肘をつまみ上げるときに右腕上腕部の関節窩に負荷をかけているので、35球を超えたところから右手親指の腹でボールを叩いた直後、右手人差し指がボールに被さり、右腕上腕部が凹み始める。両股関節をぶつけると、左膝の壁が崩れる。
3回裏、森友哉は、インロー(左打者のアウトロー)のフォークに泳ぐ。しかし、2アウトにも関わらず、中堅手、右翼手が前進守備を敷いていたので右中間を破る二塁打となる。

玉井大翔のピッチング

玉井は、右足のスパイクの外側をプレートの一塁側に沿わせる。左膝は左打席の外側のラインと一塁線の交わるポイントに向く。左肩は左打席の外側のラインの内側を向く。左腕上腕部は外旋するが頸反射はしていない。左腕前腕部を回外、右腕前腕部を回外する。左膝を屈曲し、左足首は底屈する。右足が踵体重になる。頸反射はしていない。左腕前腕部、右腕上腕部を回外すると左膝が伸展し、左足首が背屈する。右足踵で地面を荷重した後、右足小指球にウェイトが移り、右足首が背屈、右膝が折れる。右肘をアウトサイドに屈曲してから右手親指の腹でボールを叩いて右肘をつまみ上げる。左足は、スパイクの内側の踵寄りから入射する。右手首の最大背屈位の後も右手小指第二関節の内旋を続けるが、右手首が背屈したポジションから右手小指の付け根を左打席の内側のラインから内にボール2個分入ったところに向け、右手親指のしなりを向ける。

柿木蓮のピッチング

柿木は、右足のスパイクの外側をプレートの一塁側に沿わせる。左足首を背屈、左膝の屈曲の位置をベルトの上にしたとき、右足はヒールアップはしない。右足踵で地面を荷重している。左腕前腕部を回外、右腕前
腕部を回外すると、左膝が伸展、左足首が背屈する。頸反射はしていない。左腕前腕部、右腕前腕部を回内した後も左膝が伸展、左足首が背屈する。右足首が底屈し右膝が折れるが、右足踵で地面を荷重している。頸反射はしていない。右肘を逆Lにしてから右手親指の腹でボールを叩いて右肘をつまみ上げる。左足はスパイクの外側から入射している。右手首が最大背屈位の後も右手小指の第二関節の内旋を続けるが、右手小指の付け根が左打席の内側のラインからボール2個分入ったところに向いたところで右手親指のしなりを解き始める。頸反射している。右手の親指の腹でボールを叩く直前、右手親指の側面が左打席の内側のラインよりボール1個分内に入ったところを、右手小指の付け根が左打席の内側のラインに向く。

本田圭佑のピッチング

本田は、右足のスパイク外側を一塁側に沿わせ、左足をクローズドスタンスにしてセットアップする。右足、左足共、踵にウェイトがかかる。左肩は左打席の外側のラインに向け、首は、左打席の外側のラインの内側に向く。頸反射はしていない。グラブはヘソの高さで、背骨の右側、右腹横筋の内側のところに置いている。左腕上腕部、右腕上腕部は外旋している。右腕前腕部を回内後、右手首が骨盤を越えた後、右肘を逆Lにする。両肩を結ぶラインがM字になる。右足が踵体重になる。頸反射していない。右手小指基節骨が45°の角度で、右手小指の付け根が左打席の内側のラインに向いたところで右手親指のしなりを解き始める。頸反射している。右手親指の腹でボールを叩く直前、右手親指の橈側が左打席の内側のラインからボール2個分、右手小指の付け根がボール1個分入ったところに向く。

宮川哲のピッチング

宮川は、左足のスパイクの内側でエッジをかけ、右足のスパイクの外側をプレートの一塁側に沿わせる。首を三塁ベース方向に向けると、右足が踵体重になる。左腕上腕部、右腕上腕部は外旋しているが、左肩が左打席の外側のラインのバックネット寄りを向く。首を左打席の外側のラインに向けると左肩が左打席の外側のラインからボール1と2/3個分外側に向く。頸反射はしていない。右足の外踝にウェイトが移る。右手小指基節骨が45°の角度で、右手小指の第二関節が左打席の内側のラインの内にボール半個分入ったところで右手親指のしなりを解き始める。頸反射している。右手親指の腹でボールを叩く直前、右手親指が左打席の内側のラインからボール1個分、右手小指の付け根が左打席の内側のラインに向く。

外崎修汰のバッティング

外崎は、ヘッドを投手方向にヘッドを向け、右手親指基節骨でグリップを叩く。柿木が右手親指の腹でボールを叩く直前に、右手小指の第二関節を内旋して右肘をヒッチする。ヒッチの幅は右肩から右肋骨までである。右手親指基節骨でグリップを叩き、右肘を上げる。左膝が伸展、左足のスパイクの外側から入射する。右手小指基節骨を投手方向に向ける。左股関節が引っ込む。セットアップ、ヒッチ、フライングエルボー、ヘッドステイバックと何れも頸反射している。左翼ポール際に本塁打を打つ。

二死一塁からのケース打撃

日本ハム打線は、1回表、二死から松本剛が中前安打で出塁。ランエンドヒットをかけるが、野村が初球を打って右飛
6回表、二死からアルカンタラが四球で出塁。打者上川畑のカウントがフルカウントとなってアルカンタラは、上川畑が左手親指でグリップを叩いて左肘を上げる前にスタートを切る。上川畑は、アウトステップしながら、左手小指の付け根を投球の軌道に入れる。打球が右翼塀と地面の境目に当たる。日本ハム打線が一点を返す。
9回表、左打者にとってのインローは、左投げ左打ちのスイングができる打者にとってはホームランボールであり、投手にとっては失投である。一死走者無し、右投げ左打ちの上川畑は、宮川がアウトロー(左打者のインロー)に投じたフォーシームに対し、右足はスパイクの外側からスクエアステップで入射し、頸反射する。右股関節を引っ込め、骨盤を横にズラしながら左手親指の基節骨でグリップを叩く。右翼席に本塁打を打つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA