あと一本が出なくても得点できる!2ストライク後の2ランスクイズ

交流戦17試合目となる対中日2回戦に日本ハムファイターズは、10-0と勝利し、交流戦通算7勝10敗。一方、交流戦17試合目開始前の段階で、5勝11敗の広島東洋カープは、西武ライオンズに1-2と破れ、5勝12敗。交流戦残り一試合を残して日本ハムの交流戦最下位がなくなったという事実が確定しました。広島東洋カープの3シーズン連続、通算6回目となる交流戦最下位が確定しました。交流戦6度の最下位は、単独で12球団ワーストです。野球は3つアウトを取られる前に3つ進塁させないと得点できません。本塁に還るまでに相手にくれてやれるアウトは2つまでです。打者走者が単独で、又は後続の打者が最低一回はアウトをくれてやらずに一つ以上進塁させないと得点できません。二塁打以上を打てないチーム、盗塁ができないチームは得点できません。確かに、外野の間を抜ける打球、外野の頭上を越す打球を産み出すことは簡単ではありません。しかし、外野の間を抜ける打球、外野の頭上を越す打球を産み出せなくても二塁打は産み出せます。それは、筋肉の張りを緩和する”手段を使って”走塁におけるトップを作ることです。意識で肉体の稼働はコントロールできません。3アウトを稼ぐまでの間に、4人出塁させるのは、ドアスイングの投手、労働力が再生産できなくなった投手だけです。打者走者をバントで送っただけであると、打者走者を含めて1イニングに3人出塁させないと得点できません。3アウトを稼ぐまでの間に、3人出塁させるのは、ドアスイングの投手、労働力が再生産できなくなった投手だけです。ワンバウンドを投げるののもドアスイングの投手と労働力が再生産できなくなった投手だけです。単打若しくは四球とバント若しくは進塁打だけでは得点できません。ドアスイングで走ってドアスイングで打って得点しようだなんて甘すぎなんです。個々の選手の走塁、守備、打撃の水準も更新しません。以下がその根拠です。
一、インサイドアウトスイング(肩関節の内旋)の完成に貢献する動き

  • トップハンドの肩関節を外旋する
  • 走る
  • 順方向に飛球を打つ
  • アウトハイに投球する。二、インサイドアウトスイングの完成を破壊する動き
  • バントをする
  • バスターをする
  • 順方向にゴロを打つ
  • 逆方向にフライボールを打つ
  • 逆方向にゴロを打つ。

建築に例えると、始動が土台で、フィニッシュが最上階です。インサイドアウトスイングの完成を犠牲にして、バント、ゴロを打つ、逆方向に飛球を打つのであれば、最上階の部分を削ります。
具体的に言うと、トップハンドの親指のしなりを解く前にトップハンドの肩関節を外旋するという動作を削るのではなく、フォロースルー(トップハンドの前腕部の回外)の後のフィニッシュ(トップハンドの親指の腹で空気を叩く)を削ってバント、ゴロ打ち、「逆方向への飛球を打つ」をします。バントをするならプッシュバントです。

2ストライクを取られてからの2ランスクイズ

5回裏、先頭の松本剛が中飛、野村が右前安打、谷内が中前安打、今川が左翼塀直撃の二塁打で野村が本塁に還ります。スコアは、F4-0と日本ハムの4点リード
一死二三塁、投手は、右投げサイドハンド寄りのスリークォーター田島、捕手は、桂。三塁手髙橋周平、一塁手アリエルマルティネス、二塁手阿部、遊撃手が溝脇。三塁走者谷内、二塁走者が今川。一死ですから進塁優先の2wayリードを取ります。打者は、8番打者の石川亮。”カウントは、1-2″
三塁手の髙橋周平は、アンツーカー内で、マウンド方向に前進してポジション取りを行います。三塁ベースには張り付いていません。一塁手のアリエルマルティネスも前進守備。左翼、中堅、右翼も前進守備を敷きます。外野手は、前進守備であろうと、深めに守ろうとゴロ又は飛球の落下点の後ろに走ることには変わりません。
三塁走者の谷内は、投手がセットを解いた後、走塁におけるトップを作り、ハーフウェイまで二次リードをします。投手がセットを解く前に捕手が三塁送球におけるトップ、三塁走者タッグにおけるトップを作る間を与えてしまうからです。
石川亮は、右手人差し指の付け根、中指の付け根、薬指の付け根、小指の付け根にグリップを嵌めるフィンガーグリップでバットを握ります。右手首を底屈し、掌を上にしてヒッティングの構えからバントの構えに切り替えます。右手親指の指先でグリップを荷重することなく、右手親指の指先は反らせています。ヘッドは、寝かせ方は完全ではありませんが、ヘッドの角度は5°前後にしています。ヒッティングにおける右肘のアクセレション後からトップポジションに至る過程と同じ位置関係を作っています。右肩関節は外旋しています。更に小指の第二関節が投手方向に向くまで右肩関節を外旋してから右手親指の腹(基節骨の上部と指紋のある部分との間)でグリップを叩きます。谷内は、石川亮が右手親指のしなりを解く直前に左肩関節を内旋し、左肘を左肩関節の後ろでフライングさせ、右足のスパイクの外側を入射してスタートを切ります。
石川亮のバントは、マウンドのアンツーカーと芝の境目から1.5m手前、マウンドと一塁線間に転がります。
田島は、右肘をヒッチする間が作れません。左腕前腕部を回外、左肘を伸ばし、背骨の左側にグラブを出します。右足内転筋が内転します。右膝が屈曲します。右手の小指が立ちません。打球は、田島のグラブの先を通過します。カヴァーに入ったアリエルマルティネスも右肘をヒッチする間が作れません、背骨の左側にグラブを出します。右足内転筋が内転します。右手親指基節骨でボールを叩く間が作れず、右手小指が立ちません。二塁走者今川は、二三塁間のハーフウェイでシャッフルしながら二次リードを取り、走塁におけるトップを作り、投手がセットを解いたのと同期してスタートを切る。左足の親指の先で三塁ベース最もマウンド寄り内側のコーナーを蹴ってアンツーカーを出たところでシャッフルしていた今川は、左腕右足のスパイクの外側を入射、本塁に向かってスタートを切ります。アリエルマルティネスは、本塁送球におけるトップが作れません。アリエルマルティネスは、左股関節をバックステップして右股関節を戻します。右股関節をバックステプして右肘をつまみ上げます。右肘のつまみ上げ方がインバートW寄りのスタンダードWになります。左足がスパイクの内側から入射します。アリエルマルティネスは、サイドハンドで一塁ベースに入ります。一塁ベースに入っていた阿部が捕球します。
一塁走者の今川が本塁に還り、2ランスクイズが成功しました。

総論

バントは、無死又は一死で、一塁走者を二塁に進める手段ではないというのが基本です。二塁走者及び三塁走者を進塁させる手段であるというのが基本です。一死二塁から後続の打者2人の内、1人が安打を打つのを待つことは、”実体のない観念”です。二死を取られると正規捕球された段階で攻撃終了です。打者がトップハンドの親指のしなりを解いた後の肩関節の動きに関係なく、既に出塁している走者は、全員、投手がセットを解く前に走塁のトップを作り、一塁走者、二塁走者は、投手がセットを解いた後、三塁走者は、投手がトップハンドの親指のしなりを解いた瞬間にスタートした義務が生じます。2死から後続の打者に安打を待つのは”実体のない観念”です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA