[どこよりも的確に解説]日本ハム打線は何故今永に無安打無得点を許したのか

ベイスターズ今永に対し、四球による出塁のみの無安打無得点を許します。3回清宮に与えた四球も2死から与えたものです。二死からは一塁走者は、盗塁がノルマです。今永は、クイックで投げると右股関節を内旋、屈曲すると左足がヒールアップします。右膝を落とし右足首を背屈すると左足が踵体重になります。右足首を底屈すると左膝が折れます。クイックは上手くありません。嶺井は、背骨の左側で捕球し、リリースギリギリまで左足がインステップしますから、左股関節を開くと右肩が残らずスローイングがドアスイングになります。足の遅い清宮でも盗塁できます。確かに、打者は、内野手間を抜けるか内野手の頭を越え内外野の間に落ちる打球を打たないと得点できません。足の遅い走者を確実に進塁させられるのはランエンドヒットですが、ランエンドヒットをかけても打者は、内野手間を抜けるか内野手の頭を越え、内外野の間に落ちる打球を打たないと得点できません。しかし、新庄は清宮に二盗をさせません。
プロ、すなわち賃労働は、他人の財産を奪って生きることですから、道徳なんて要りません。今永を褒めるしかないなんて言う必要はありません。私は、セリーグの野球に関するコンテンツをこれまで産み出してきたので、今永は飽きるほど見ています。今永は、左腕上腕部を外旋する前に左足拇指球で地面を蹴って左股関節が伸展しています。右足はスパイクの内側の踵寄りから入射します。「トップを作る→右股関節を戻す」ではなく「右股関節を戻す→トップを作る」の順番で体を動かしていますので、打者はトップを作る間が作れます。攻略できない投手ではありません。

今永の投球に対する日本ハムの各打者のスイング

ヌニェス、万波の二打席目は、右足の内転筋が内転してストライドが他の打席よりも広がったが左足はスパイクの外側から入射している。ヌニェス、万波は、構え遅れるが、ヘッドを立て、左足のスパイクの外側から入射し、トップを作る、左股関節が戻る、左足のスパイクの外側から入射というプロセスを完結させている。ヘッドを立てたときに頸反射もできている。この二人は、振り遅れているがインサイドアウトで最後まで振り切っている。セイバー指標ほどスイングは粗くない。
松本は、ヘッドを立てる過程で左肩がホームベースに被さる。右足内転筋が内転する。左足はスパイクの外側から入射するけれどもストライドが広がる。右手の親指のしなりを解く前に右肩が残っていない。
今川は、野手の正面を突いた打球もヘッドを立てる過程で左肩がホームベースに被さる。右足拇指球で地面を蹴ってしまう。左足はスパイクの外側から入射するけれどもストライドが広がる。右手の親指のしなりを解く前に右肩が残っていない。
打球が伸びすぎた、不運だと言う人がいるが、振れていないから打球が失速する。惜しくも何ともない。
野村、谷内は、ヘッドを立てる過程で左肩がホームベースに被さる。左足はスパイクの外側から入射する。ストライドは狭い。左肩を開く。フライングエルボーをする間が作れないまま、右手小指の付け根を投球の軌道に入れる。左股関節を戻す。右手の親指のしなりを解く前に右肩が残っていない。両股関節をぶつけると右股関節が伸展する。左股関節をアウトステップしてストライドが広がるのは防いでいる。
清宮、淺間 は、ヘッドを立てたときに左肩がホームベースに被さる。右肩を開けば左肩が残らない。
上川畑は、ヘッドを立てる間が作れず、左手の小指の付け根を投球の軌道に入れる。左手の親指のしなりを解くとヘッドが下がる。左股関節が伸展する。三打席目は、ヘッドを立てる過程で左膝が外側に開く。左股関節を内旋すれば、トップを作る間が作れない。
宇佐美は、ヘッドを立てたとき、左膝が外側に開く。左足内転筋が内転する。右足がスパイクの内側から入射する。トップを作る間が作れず、左肩が残らない。ヘッドが加速しない。二打席目は、左肘をヒッチする間が作れず、すなわち、左手中指、小指の第二関節をグリップに嵌める前に左手親指の腹でグリップを叩いて左手首をヒッチする。左手首をコックすると右肩がホームベースに被さる。右肩を開くと左肩が残らない。
今川は、前述の打席以外も、ヘッドを立てるとき首が頸反射していない。左肩がホームベースに被さる。左肩を開くと右からが残らない。

投手を中心とした守り

先発加藤は、左手親指のしなりを作ってボールを親指の腹で叩き、左肘側副靭帯に負荷をかけない省エネ投法。74球で18のアウトを稼ぐ。但し、左腕上腕部を外旋する前まで左足が踵体重になっている。左腕條ン腕部を外旋する前は、左足のスパイクの内側の歯で地面を噛ませているものの左足踵は地面から離れてない。右足はスパイクの外側から入射するがm左腕上腕部を外旋してから、左肘を加速していく過程で左足の拇指球で地面を後ろに蹴ります。左手親指のしなりを解き、両股関節をぶつけると、左手中指の第二関節からボールが外れ、左腕前腕部の深層屈筋、左肘の側副靭帯が緩みません。左手中指小指が立ちません。フォロースルーで左手中指と人差し指の間が閉じないので、ボールを人差し指、中指の間で引っ掛けます。
74球中、カーブを3球、フォークを2球ワンバウンドさせます。加藤を74球で降板させたのは、労働力の再生産という面で止むを得ない。
北山は、ギアを上げると右手首が骨盤を跨ぐ。石川は、右肘内側側副靭帯の再建手術を受けた後も、右肘側副靭帯に負荷がかかるインバートWでつまみ上げる。頸反射していないので左肩が地面に被さる。両投手とも、左肩を開くとトップを作る間が作れず、右手小指の付け根が打者の方に向く。右手の親指のしなりを解く前に右肩が残らない。
守備では、宇佐美は、投球の外側に左手の小指を入れて投球を叩く。背骨の右側で捕球、オーバーハンド寄りのスリークォーターでスローイング。谷内は、右足を回転軸にワンバウンドの送球を左手小指で叩き、背骨の右側で捕球。谷内は、右股関節をバックステップして下から上へと走者の左肩にタッグする。宇佐美は、一つは谷内のアシストがありましたが、2つの盗塁を刺す。

まとめ

日本ハムは、発展途上のチームではあるが、年功序列を排し、年俸の安い若手を起用することで、チームが変革しつつある。
日本ハムの各打者は、今永に対し、特に、左打者のスイングがドアスイング化が著しくなった。しかし、肉体の損傷が進んでいない若手が多い。打撃は、最も重要な動作を最後にします。トップハンドは、親指の腹、中指、薬指、小指の第二関節の順でグリップを握ることで構え遅れを防ぐ。歩きながらのティー打撃で、「ヘッドを立てる→前足のスパイクの外側から入射させる」という動きを定着させ、ネット際での素振りで投球の軌道にトップハンドの小指の基節骨を入れていくという練習を重ねれば、インサイドアウトの完成度が高まる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA