[選手名鑑]小木田敦也#56

右投げ右打ち
生年月日 1998年10月10日
角館高ーTDK-2021ドラフト7位
公称サイズ 173cm 83kg

投球動作

左足のスパイクの内側、右足のスパイクの内側でエッジをかけ、左足の踵をプレートの一塁側に沿わせる。
グラブは、背骨の右側でヘソの高さにセットする。右腕前腕部を回内、左腕前腕部を回外している。右手親指のしなりは小さい。右足小指球で地面を踏み、グラブを頭の高さに上げる。右足小指球で地面を一塁側に蹴る。左足スパイク内側の踵で地面を蹴って三塁側にスライドさせる。左肩が左打席の中心線からボール1個分外れたところに動く。首と両肩を結ぶラインの角度をアウトサイド150°にしている。左腕前腕部、右腕前腕部を回外し、セットを解く。左膝を肋骨下部の高さでインサイド45°に屈曲し、左足首は底屈している。右足首が背屈し、右足踵にウェイトがかかる。頸反射していない。右腕前腕部を回内せず右股股関節の前、二塁ベースの三塁寄りのライン上で、右手親指基節骨でグリップを叩き右肘を屈曲する。スタンダードWで右肘をつまみ上げる。左足前脛骨筋は、回外(内反)している。左足はスパイクの内側から入射する。右肘のアクセレーション前に頸反射していない。左股関節が外旋する。右足拇指球にウェイトが移っている。右手首を煽った段階でも頸反射していない。右手小指基節骨の角度を50°にして左打席の内側のラインに向けたところから右手親指のしなりを解く。頸反射する。リリース直前の左膝の屈曲の角度は160°である。リリース直後の左肘の高さ、左腕と背骨の交わる角度は、スリークォーターである。右足の拇指球で地面を蹴る。右手親指基節骨でボールを叩いてフィニッシュする。

球種

フォーシーム Max 151km/h
スライダー
カッター
スプリット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA