対ヤクルト2回戦F6-7S(25/05/2022)追補

日本ハム対ヤクルト2回戦、先発は、上原健太とアンドリュースアレス

スアレスのピッチング

スアレスは、プレートの三塁側に左足のスパイクの外側を沿わせる。グラブは、背骨の左側でヘソの上の高さにセットする。首は、左打席の外側のラインのバックネット寄りのコーナーに向け、右肩は左打席の中心線に向けている。

二死二三塁におけるケース打撃

7回表2死二三塁、打者清宮のケースにおいて、二塁走者は、投手が右腕前腕部を回内した後、二次リード取る。 二塁走者、三塁走者は、投手が親指のしなりを解いた後、スタートを切っている。

9回表一死一三塁における重盗(別掲)

当該関係記事

参考資料

1回表、スアレスは、17球目、野村に対し、アウトロー(右打者のインロー)にチェンジアップをワンバウンドさせる(四球)。
3回表、スアレスは、40球目、今川に対し、インロー(右打者のアウトロー)にチェンジアップをワンバウンドさせる(ボール)。
4回表、スアレスは、46球目、清宮に対し、アウトローにカーブをワンバウンドさせる(ボール)。
4回表、スアレスは、57球目、宇佐見に対し、アウトローにスライダーをワンバウンドさせる(ハーフスイング、ボール)。
7回表、坂本光士郎は、32球目、清宮に対し、アウトローにスライダーをワンバウンドさせる(ハーフスイング、空振り)。

日本ハム

3回裏、上原は、25球目、長岡に対し、インローにフォークをワンバウンドさせる(ボール)。
4回裏、上原は、45球目、村上に対し、アウトローにスライダーをワンバウンドさせる(ボール)。
4回裏、上原は、51球目、オスーナに対し、インロー(右打者のアウトロー)にチェンジアップをワンバウンドさせる(ボール)。
5回裏、吉田輝星は、5球目、塩見に対し、アウトローにフォーシームをワンバウンドさせる(ボール)。
5回裏、吉田輝星は、6球目、塩見に対し、アウトローにスライダーをワンバウンドさせる(ハーフスイング、ボール)。
7回裏、吉田輝星は、27球目、オスーナに対し、アウトローにフォークをワンバウンドさせる(ボール)。
7回裏、吉田輝星は、30球目、青木に対し、アウトロー(左打者のインロー)にスライダーをワンバウンドさせる(ボール)。
7回裏、宮西は、6球目、塩見に対し、インロー(右打者のアウトロー)にシンカーをワンバウンドさせる(ボール)。
8回裏、堀は、9球目、村上に対し、アウトローにスライダーをワンバウンドさせる(空振り三振)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA