[対ソフトバンク5回戦]F3-9H (23/04/2022)追補

田上奏大のピッチング

田上は、プレートの三塁側に右足のスパイクの外側を沿わせる。左足のスパイクの内側、右足のスパイクの内側でエッジをかける。右手親指の指先をボールの外側に反らす。ボールを中指の付け根に嵌める。
左肩を左打席の中心線に向ける。頸反射はしていない。グラブは、背骨の右側で丹田の高さにセットする。
首を三遊間に向ける。左肩が左打席の中心線よりもホームベース寄りを向く。
首を左打席の内側のラインからボール2個分入ったところに向ける。
左膝は右膝頭の上でアウトサイドに屈曲する。左足首を背屈する。左肩が左打席の中心線に向く。
左腕前腕部、右腕前腕部を回外する。
左腕前腕部、右腕前腕部を回内した後、右足前脛骨筋が回内(外反)し、左足の裏が立つ。
右手首は、プレートの一塁側の端で両股関節を結ぶライン上で止める。左肩は左打席の中心線を向いている。頸反射をしている。
右肘はインバートWでつまみ上げる。
右肘のアクセレーション前には頸反射していない。左股関節が外旋する。
左足のスパイクの内側の踵寄りから入射する。
リリース直前の左膝の屈曲は、135°よりも浅い。
リリース直後の右肘の高さ、右腕と背骨の交わる高さ、レイトコッキングの角度は、オーバーハンドである。
リリースの直後、右腕上腕部、棘下筋が凹む。左膝下がO脚になる。
右手親指基節骨でボールを叩いてフィニッシュする。

参考資料

ソフトバンク

1回裏、田上は、12球目、近藤に対し、アウトロー(左打者のインロー)にフォークをワンバウンドさせる(四球)。
1回裏、田上は、14球目、石井一成に対し、インロー(左打者のアウトロー)にフォークをワンバウンドさせる(空振り)。ランエンドヒット、挟まれる
2回裏、田上は、36球目、淺間に対し、アウトロー(左打者のインロー)にフォークをワンバウンドさせる(ボール)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA