対オリックス1回戦F0-2Bs(01/04/2022) 追補

日本ハム対オリックス1回戦、先発は、根本悠楓と山岡泰輔

打者は一人でも出塁すれば無安打で得点できる

4回表一死から、淺間が右前安打で出塁し、一死一塁となる。清宮に安打が産まれなくても淺間が三盗すれば一死三塁とし、安打が産まれなくても得点できる。清宮の遊ゴロで淺間が二塁に進塁して二死二塁となる。淺間が三盗、本盗すれば、水野に安打が産まれなくても得点できる。淺間は、二次リード後、スタートを切るが、山岡が水野に対し、低目に投じたのは、2球目と6球目(三振)である。2球目、捕手は、左膝を地面に着いてノーバンドで捕球する。
5回表二死から松本剛が安打で出塁する。松本剛が二盗、三盗、本盗に成功すれば、安打が産まれなくてお得点できる。松本剛は二盗に成功する。

参考資料

オリックス

1回表、山岡は、6球目、淺間に対し、アウトロー(左打者のインロー)にナックルカーブをワンバウンドさせる(ボール)。
1回表、山岡は、9球目、淺間に対し、アウトロー(左打者のインロー)に縦スライダーをワンバウンドさせる(空振り三振)。
3回表、山岡は、30球目、松本剛に対し、アウトローに縦スライダーをワンバウンドさせる(ボール)。
4回表、山岡は、42球目、郡に対し、アウトローにフォークをワンバウンドさせる(ボール)。
4回表、山岡は、56球目、水野に対し、アウトロー(左打者のインロー)にチェンジアップをワンバウンドさせる(空振り三振)。
6回表、山田修義は、5球目、清宮に対し、アウトローにスライダーをワンバウンドさせる(ボール)。
7回表、比嘉は、10球目、ヌニェスに対し、アウトローにフォークをワンバウンドさせる(ボール)。

日本ハム

3回裏、根本は、45球目、紅林に対し、アウトロー(右打者のインロー)にチェンジアップをワンバウンドさせる(ボール)。
4回裏、根本は、68球目、太田椋に対し、アウトロー(右打者のインロー)にチェンジアップをワンバウンドさせる(ボール)。
4回裏、根本は、70球目、太田椋に対し、アウトロー(右打者のインロー)にスライダーをワンバウンドさせる(ボール)。
4回裏、西村は、1球目、福田周平に対し、アウトロー(左打者のインロー)に縦スライダーをワンバウンドさせる(ボール)。
4回裏、西村は、3球目、福田周平に対し、アウトロー(左打者のインロー)に縦スライダーをワンバウンドさせる(ボール)。
5回裏、西村は、7球目、宗に対し、アウトロー(左打者のインロー)にスプリットをワンバウンドさせる(空振り三振)。
5回裏、西村は、12球目、バレラに対し、アウトロー(左打者のインロー)にスプリットをワンバウンドさせる(ボール)。
5回裏、西村は、18球目、ラベロに対し、インローにスプリットをワンバウンドさせる(空振り三振)。
8回裏、上原は、30球目、福田周平に対し、インローにフォークをワンバウンドさせる(ボール)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA