[対西武3回戦]F6-2L(31/03/2022)追補

日本ハム対西武3回戦、先発は、立野和明と與座海人

立野和明のピッチング

プレートの一塁側に右足のスパイクの外側を沿わせる。右手親指基節骨でボールを叩き、グラブを背骨の前で胸の高さに落してセットする。首は、三本間ハーフウェイ方向に向ける。左肩は左打席の中心線を向く。
左腕前腕部を回外する。右足がヒールアップする。右腕前腕部を回外してセットを解く。右手親指の指先がしなる。左膝はベルトの下でインサイドの角度で屈曲する。左足首が背屈する。右足小指球にウェイトがかかる。左肩は左打席の中心線よりもボール1個分外れたところを向く。首は、左打席の中心線を向く。頸反射はしていない。
右手親指基節骨でボールを叩き、右腕前腕部を回内する。
右腕前腕部を回外する。頸反射している。左足踵が左打席の外側のラインのマウンド寄りのコーナーに向く。左膝が伸展する。左肩は、左打席の外側のラインのバックネット寄りのコーナーからボール2個分入ったところを向く。
右手親指基節骨でボールを叩いて右肘を摘み上げる。頸反射している。Cアーチができている。左肩は左打席の外側のラインのバックネット寄りのコーナーからボール1.5個分入ったところを向く。左腕前腕部は回内している。
右肘が垂直に屈曲する。右足前脛骨筋が回内(外反)し、右足の裏が立つ。左腕前腕部が回外する。
左足のスパイクの内側から入射する。
右肘のアクセレーション前に右足の小指球にウェイトが移り、左股関節が外旋する。頸反射している。
右手小指基節骨の入射角が60°のところから右腕上腕部を内旋して右手親指のしなりを解く。左手小指基節骨は、左打席の外側のラインのバックネット寄りを向く。
リリース直前の左膝の屈曲の角度は、155°である。
リリース直後、右腕上腕部棘下筋が凹む。右肘の高さ、レイトコッキングの角度、右腕と背骨の交わる角度は、オーバーハンドに近いスリークォーターである。
スプリットを投げた場合、右腕前腕部を回外後も右手人差し指と中指がくっ付かない。
右腕前腕部を回外後、右手親指基節骨でボールを叩く。
右内踝を左内踝にぶつけてシャッフルする。

大曲錬のピッチング

首を左打席の中心線よりもホームベース寄りに向ける。左肩が左打席の中心線を向く。頸反射していない。
首を三遊間に向けると、左肩が左打席の中心線よりもホームベース寄りに動く。
首を左打席の中心線よりボール半個分外寄りに向け、左肩が左打席の中心線方向に動く。頸反射する。左足拇指球で地面を蹴る。
左腕前腕部、右腕前腕部を回外してセットを解く。
左膝はベルトより下でインサイドの角度で屈曲する。左足首は背屈している。
左腕前腕部、右腕前腕部を回内する。右足前脛骨筋が回内(外反)し、左足の裏が立つ。
右足首が底屈する。右足踵で地面を荷重している。
右手首の甲が両股関節を結ぶラインからよりも背中側に入り、プレートの一塁側の端から出る。左肩が左打席の中心線よりホームベース寄りに動く。
右肘をインバートWでつまみ上げる。左腕前腕部を回外すると左肩が左打席の中心線に向く。
左足のスパイクの内側から入射する。
右肘のアクセレーション前に右足拇指球にウェイトがかかり、左股関節が外旋する。頸反射はしていない。
リリース直前の左膝の屈曲は、145°であり、X脚になっている。
リリース直後、右腕上腕部棘下筋が凹み、右肘が沈む。
リリース直後の右肘の高さは、スリークォーター、レイトコッキングの角度、背骨と右腕の交わる角度は、オーバーハンドに近いスリークォーターである。
右手親指基節骨でボールを叩いてフィニッシュする。
スプリットを投げると、右腕前腕部を回内後、右手人差し指、中指がくっ着かない。

参考資料

西武

5回裏、佐々木健は、5球目、王柏融に対し、アウトローにチェンジアップをワンバウンドさせる(空振り)。
7回裏、佐々木健は、24球目、渡邉諒に対し、インロー(右打者のアウトロー)にチェンジアップをワンバウンドさせる(ボール)。
7回裏、佐々木健は、32球目、水野に対し、アウトローにシュートをワンバウンドさせる(四球)。
7回裏、佐々木健は、34球目、松本剛に対し、インロー(右打者のアウトロー)にシュートをワンバウンドさせる(ボール)。
7回裏、大曲は、4球目、王柏融に対し、インロー(左打者のアウトロー)にスプリットをワンバウンドさせる(ボール)。
7回裏、大曲は、5球目、王柏融に対し、インロー(左打者のアウトロー)にスライダーをワンバウンドさせる(ボール)。

日本ハム

2回表、立野は、34球目、愛斗に対し、インローにカーブをワンバウンドさせる(空振り)。
2回表、立野は、35球目、愛斗に対し、アウトローにカーブをワンバウンドさせる(ハーフスイング、空振り三振)。
3回表、立野は、49球目、外崎に対し、アウトローにスプリットをワンバウンドさせる(ボール)。
5回表、立野は、75球目、鈴木将平に対し、インロー(左打者のアウトロー)にスプリットをワンバウンドさせる(空振り三振)。
5回表、立野は、79球目、オグレディに対し、インロー(左打者のアウトロー)にスプリットをワンバウンドさせる(ボール)。
7回表、宮西は、愛斗に対し、インロー(右打者のアウトロー)に対し、シンカーをワンバウンドさせる(空振り三振)。
8回表、堀は、8球目、外崎に対し、アウトロー(右打者のインロー)にスライダーをワンバウンドさせる(ボール)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA