[アウトにならない打撃]詰めの部分でスイングの誤作動を修正する諸手段とそれら個別評価

プロ野球選手の中には、スイングの土台が崩されているのにも関わらず、安打を産み出すことができる選手がいます。しかし、それは、運不運ではなく、偶然でもありません。スイングを完結する直前にあがいているからです。スイングを完結する直前にあがく動作の中には、価値を高く付けることができるものもあれば、そうでないものもあります。

ボトムハンドの肘で投球を掃う

↓低評価
トップハンドの小指第二関節を内旋する前に、ボトムハンドの親指でグリップを叩いてボトムハンドの小指を立たせることができれば、後ろの肩関節が戻ります。ボトムハンドの小指でグリップを叩いてボトムハンドの前腕部が回外します。ヘッドが立ちます。ボトムハンドの肘を支点にボトムハンドの前腕部で投球を掃ったことになります。

トップハンドをグリップから離して手首が返ることを回避する

☆推奨
トップハンドの親指基節骨でグリップを叩くとトップハンドの肘が上がります。トップハンドの小指が立ちます。トップハンドの小指第二関節を内旋すると(=フォロースルー)、トップハンドの小指がボールの外側(投手寄り)に入ります。第二次ヘッドステイバックの後にボトムハンドの小指第二関節でグリップを叩くとボトムハンドの前腕部が回外します。ボトムハンドの前腕部を回外します。トップハンドの親指のしなりを解くとヘッドが立ちます。ボトムハンドトップハンドの親指のしなりを解いてからトップハンドの親指基節骨がグリップに当たるまでの間にトップハンドの小指を立たせる間ができないとトップハンドの手首がボトムハンドの手首を乗り越えてしまいます。トップハンドの親指のしなりを解いてすぐにトップハンドの親指、中指の基節骨をグリップから離すと、ボトムハンドの肘で掃わなくても、ヘッドが立ったまま投
球がバットに当たります。両者の違いは、ボトムハンドの小指の加速距離の面で生じます。

ボトムハンドの人差し指の拳でグリップを押し戻す

☆推奨
トップハンドの親指のしなりを大きくすることができないと親指のしなりを解除したときヘッドが立っていきません。トップハンドの親指のしなりを解いた後、ボトムハンドの人差し指の付け根及びその脇の拳でグリップを押し戻すことによって、前脇が空き、ボトムハンドの小指が立ちます。トップハンドの親指のしな
りを大きくすることができます。ボトムハンドの小指の加速距離が長くなり、ボトムハンドの前腕部が回外します。親指の指先が加速距離が長くなります。トップハンドの親指の基節骨でグリップを叩いた後、トップハンドの小指が立ちます。
[追記]
鈴木誠也は、右手中指基節骨でグリップを握る。5回表カウント1-0から、昨シーズン11勝を産み出したブルワーズの右投手バーンズがセットを解いた後、右手小指基節骨の関節を内旋、右肘のヒッチは大きくできなかった。右手基節骨でグリップを叩いてフライングエルボーする。頭は遊撃定位置を向く。左足首を底屈し
てから左足スパイクの外側から入射。2回目の右肘のヒッチをゆったり大きく行う。左股関節を戻し(内旋し)きれずに、右手基節骨でグリップを叩く。左手人差し指の基節骨でグリップを押し戻す。右手親指の先を反らせ、左手をグリップから離して右手首が左手首を乗り越えるのを抑止した。左手小指基節骨の関節でフォロースルーを行う。メジャー初安打となる左前安打を放った(メジャー開幕戦2022年4月7日)。

鈴木誠也は、メジャーで9試合連続となる左前安打を打った後、同じ試合の2安打目となる右前安打を打つ。ガイドハンドとなる右手をフォロースルーの直前にグリップから離し、右手首が左手首を乗り越えるのを防いだ。トップハンドの親指のしなりを解いた後、ヘッドが立つ順波のスイングで右前安打となった(2022年4月19日)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA