[選手名鑑]渡邊佑樹#79

左投げ左打ち
生年月日 1995年11月8日
富士学苑高ー横浜商大ー2017ドラフト4位
公称サイズ 183cm 85kg

オーバーハンド時代

渡邊は、左足のスパイクの内側、右足のスパイクの外側でエッジをかけ、右肩、右足をオープンスタンスでセットアップする。ボールは、中指の付け根で握る。右腕前腕部を回外、左肘を回外し、左肘がヒッチする。右足首は底屈する。右足首が背屈する。右腕前腕部、左腕前腕部を回内する。左肘が伸びる。左肘はインバートWでつまみ上げる。左肩関節外転前に右腕前腕部を回外する。頸反射している。左足小指球にウェイトが移る。右足のスパイクの外側踵寄りから入射する。左腕上腕部を外旋すると両肩甲骨がぶつかる。左肘アクセレーション前に右股関節が外旋する。リリースの直前、右膝の屈曲は135°よりも浅く、ほぼ突っ張る。右股関節下はX脚になる。左腕と背骨の交わる角度、左肘の高さはオーバーハンドである。右股関節が屈曲する。左足股関節で地面を蹴る。

サイドハンド寄りスリークォーター転向後

渡邊は、右足のスパイクの内側、左足のスパイクの外側踵寄りでエッジをかけ、右肩、右足を僅かにオープンスタンスでセットアップする。ボールは左手中指の付け根で握る。左肘はインバートWでつまみ上げる。右足はスパイクの外側から入射する。左肩関節外転前に右腕前腕部を回外する。左足スパイクの外側でエッジをかけ、Cアーチができる。右足はスパイクの内側から入射する。左股関節を内旋し、右股関節も内旋している。右腕上腕部の内旋を進行させる。頸反射はしている。左腕上腕部外旋後に両肩甲骨がぶつかる。左
肘アクセレーション前に右股関節が外旋する。リリースの直前、右膝が突っ張る。左股関節は伸展している。左腕と背骨の交わる角度は、スリークォーター、左肘の高さはサイドハンドである。左足小指球で地面を蹴る。両足をシャッフルする。

球種

フォーシーム Max 143km/h(オーバーハンド時代は、146km/h)
スライダー
シュート
シンカー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA