[選手名鑑]東妻勇輔

右投げ右打ち
1996年4月4日
智辯和歌山高ー日体大ー2018ドラフト2位
172cm 80kg

投球動作

東妻は、左足のスパイクの内側、右足のスパイクの外側でエッジをかけ、スクエアスタンスでセットアップする。ボールは、右手中指の付け根で握る。右肘は、インバートWでつまみ上げる。両肩を結ぶラインがM字になる。右足は、インエッジであるが、Cアーチができる。左腕前腕部を回外する。頸反射している。左足は、スパイクの内側から入射する。右肘のアクセレーション前に左股関節が外旋する。リリースの直前、左膝はほぼ突っ張る。両股関節をぶつけると右股関節が伸展する。右腕と背骨の交わる角度、右肘の高さは、スリークォーターである。左足のスパイクの外側で地面を蹴る。右足拇指球で地面を蹴る。右足内踝を左足内踝にぶつける。

球種

フォーシーム Max 153km/h
ツーシーム
スライダー
フォーク
シュート
カッター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA