[野球選手必見]大リーガーを養成する前菜、サラダ

人間は、野菜を先に食べることによって、糖、脂肪の吸収を抑制することができます。肉体労働をする者は、野菜だけでなく他の栄養分を併せて取ることによって労働力の再生産のみならず、体を作りを更新していくことが必要です。野球をやったことのない栄養士、料理研究家の産み出したレシピは、鶏のエサみたいで肉体労働者には物足りないでしょう。日本人が欧米人よりチビなのは、肉や魚の摂取量が欧米人よりも制限し、それに対し、野菜を多く食べバランスのよい食事をしろと後付けで方便を用いているからです。サラダを作り食べるときも、乳製品、肉、野菜を含めて作ることが必要です。また、栄養を計算されていても単調な料理ばかり食べていると食による体作りが長続きしません。そこで、味をも楽しみながら食べられる料理を紹介します。前々回の大リーグボール養成レシピは、プロの料理人向けの記事で、速攻レシピは、選手個人向けの記事です。これまで、紹介してきた料理及びここで紹介する料理は、厳密には、私のオリジナルのものはありません。既存の料理をベースに手順を変えたり、アレンジを変えたりして作っています。しかし、世界のあらゆる地域の料理を食べ歩いてきたので、そこらへんの料理研究家よりも面白いものをアップできていると思います。

雑穀米のサラダ

  • 赤米入り雑穀米
  • ジャスミンライス
  • トートマンプラー(タイのさつま揚げ)
  • ホーリーバジル又はバジル(何れも生)
  • レモングラス(生)
  • 赤玉葱
  • ナンプラー

1.雑穀米、ジャスミンライスを炊飯器で炊きます。

2.トートマンプラーをキッチンはさみで細かく切ります。
3.フライパンにオリーブオイルを敷き、1の一部、細かく切ったトートマンプラー、バジル、レモングラスを炒めます。
4.火を止め、粗熱が取れたら、紫玉葱のみじんきりをフライパンに加えて和えます。
5.ナンプラーを回しかけ、パクチーをトッピングします。

夏野菜のサラダ

  • 白チーズ
  • トマト
  • 玉葱
  • 胡瓜
  • ピーマン
  • レモン
  • 胡椒
  • イタリアンパセリ(ドライ)
  • ディル(ドライ)
  • スマック(ウルシ科の植物で作られたスパイス)

1.塩、胡椒、レモン汁、オリーブオイルを混ぜ合わせます。
2.イタリアンパセリ、ディル、スマック、賽の目に切ったトマト、玉ねぎ、胡瓜、ピーマン、白チーズを混ぜ合わせます。

白チーズを加えずに作って、鰆のフライや白身魚(ホキ、オオヒョウ、ブルーホワイティング、シロイトダラ、メルルーサ、スズキ目の魚)のフライの上にトッピングしてもOKです。

ヨーグルトサラダ

  • プレーンヨーグルト
  • にんにく
  • 胡瓜
  • ドライミント
  • クミン
  • ディル
  • チリパウダー
  • オリーブオイル

プレーンヨーグルト、にんにくすりおろし、粗微塵切りにした胡瓜、ドライミント、クミンパウダー、赤唐辛子の粉末、ディルを混ぜ合わせ、オリーブオイルを混ぜ合わせます。

ひよこ豆のディップ

  • ひよこ豆水煮缶
  • タヒーナ(胡麻のペースト:ネットで買えます)
  • にんにく
  • くるみ
  • スマック
  • レモン
  • ブラックオリーブ
  • オリーブオイル

1.ひよこ豆の水煮をフードプロセッサーに入れ、ペースト状にします。
2.ひよこ豆のペーストにタヒーナ、レモン汁、くるみ、にんにくすりおろし、チリペッパー、オリーブオイルを混ぜ合わせます。
3.ブラックオリーブをトッピングします。

白身魚の刺身、鮪の刺身、ピタパンにつけて食べます。また、ひよこ豆のペーストの上にマトウ鯛、スズキ目の焼き魚を乗せて食べます。

焼きナスのディップ

  • 茄子
  • にんにく
  • プレーンヨーグルト
  • スマック
  • オリーブオイル

1.茄子は皮を剥かず、茄子に爪楊枝で数か所穴を開けます。
2.茄子をオーブントースターで焼きます。
3.茄子をフードプロセッサーでペーストにします。
4.茄子のペーストを、にんにくのすりおろし、プレーンヨーグルトと混ぜ合わせます。
5.スマック、オリーブオイルを回しかけます。

ピタパン付けて食べます。

なますとツナのサラダ

  • 大根
  • 人参
  • パクチー
  • 鷹の爪
  • ツナ缶、焼き鯖缶(塩味)、バサ(ベトナムの鯰)又はティラピアのフライ、魚肉ソーセージの何れか
  • ヌクマム(ベトナムの魚醤)

1.大根、人参を細切りにして塩で揉みます。
2.鷹の爪の輪切り、大根、人参、ツナ若しくはスライスした魚肉ソーセージ、又は焼き魚のほぐし身若しくヌムマムを混ぜ合わせます。魚フライに乗せてもOKです。
3.パクチーをトッピングします。

ソムタム

  • 青パパイヤ(無ければ、キャベツの芯、胡瓜の細切り)
  • 人参
  • ピーナッツ
  • 干し海老
  • ニンニク
  • ナンプラー(カタクチイワシ、又は、鯰、雷魚、グーラミフィッシュから作られたもの)

1.青パパイヤ、人参を千切りにします。
2.ピーナッツを砕きます、
3.干し海老、ピーナッツ、ニンニクのすりおろし、ミニトマト、赤唐辛子の輪切り、青パパイヤの千切りを混ぜ合わせます。
4.ナンプラーを3にかけ、皿に混ぜ合せます。

クスクスのサラダ

  • クスクス
  • ひよこ豆
  • 紫玉葱
  • トマト
  • 胡瓜
  • ピーマン
  • にんにく
  • りんご酢
  • オレガノ(ドライ)
  • タイム(ドライ)
  • チリパウダー
  • クミンパウダー
  • シナモンパウダー
  • ギー(インドのバター)
  • ハリッサペースト(唐辛子ペースト)

1.りんご酢、塩、胡椒、乾燥オレガノ、ドライタイム、チリパウダー、オリーブオイル、ニンニクすりおろし、クミンを混ぜ合わせてドレッシングを作ります。
2.耐熱容器にクスクスを入れ、オリーブイルを馴染ませます。
3.耐熱容器に水をかぶる位入れてクスクスを漬けておきます。
4.蒸し器の穴の空いていない方の器に水を入れ、沸騰させます。
5.蒸し器の穴の空いている方の器に耐熱容器を置いて蓋をします。
6.クスクスに塩、ギー(バター)、シナモンパウダーを加え、混ぜ合わせます。
7.ひよこ豆水煮、微塵切りにした紫玉葱、賽の目切りにしたトマト、胡瓜、ピーマンを6.に加えます。
8.ドレッシングをかけ、ハリッサペーストを加えかき混ぜます。
※クスクスは、熱湯をかけただけで戻せますが、蒸した方が美味しくなります。

ニシンとビーツのサラダ

  • ビーツ缶
  • じゃがいも
  • 鶏卵
  • 鰊の水煮缶
  • サワークリーム

1.鰊を酢と和えます。
2.じゃがいもを皮ごと茹でて潰します。
3.卵を茹でてつぶします。
4.マッシュポテト、茹で卵、ビーツ、ニシンの酢漬け、ディル、サワークリームを混ぜ合わせます。

じゃがいもとからすみのサラダ

  • じゃがいも
  • からすみ、又は明太子
  • マヨネーズ

1.じゃがいもを皮ごと茹でて熱い内に潰します。
2.カラスミを細かく切って、マッシュポテト、マヨネーズと和えます。

コンビーフのきしめんサラダ

  • コンビーフ(馬肉の方)
  • きしめん
  • 玉葱
  • プレーンヨーグルト
  • スマック(ウルシ科の植物で作られたスパイス)

1.茹でたきじめんをカットします。
2.きしめん、コンビーフ(馬肉の方)、スライスした生玉葱、オリーブオイル、塩、胡椒、クミンを混ぜ合わせます。味が薄ければ、塩の代わりにナンプラーを使ったり、サルチャペースト(発酵トマトペースト)を加えても構いません。
3.ヨーグルト、スマックをトッピングして食べます。

バーニャカウダソース

  • オイルサーディン缶
  • 絹ごし豆腐
  • ニンニク
  • 生クリーム
  • コーンスターチ
  • 生のオクラ、ラディッシュ、人参、大根、キャベツ

1.フライパンにオリーブオイルを敷き、弱火でにんにくすりおろしを炒めます。
2.ニンニクの香りが立ったら、絹ごし豆腐、オイルサーディンを投入し、伸ばしていきます。
3.生クリーム、コーンスターチを加え、塩、胡椒で味を調えます。

4.上記の生野菜やチキンソテーにバーニャカウダソースをかけて食べます。

きびなごサラダ

  • きびなご
  • 薄力粉
  • コーンフラワー又は片栗粉
  • レタス
  • トマト
  • 玉葱
  • 人参
  • ブラックオリーブ

1.玉葱、人参をすりおろします。
2.ブラックオリーブを微塵切りにします。
3.1.2.を醤油、酢、塩、胡椒と混ぜ合わせシェイクします。
4.きびなごは、頭、内臓を取らずに丸ごと、薄力粉、コーンフラワー又は片栗粉をまぶします。
5.きびなごをオリーブオイルで揚げます。
6.輪切りにしたトマト、レタス、きびなごの上にドレッシングをかけます。

蒸し鶏のサラダ

  • 鶏もも肉
  • パクチー
  • シーユーカオ(タイの白醤油)
  • レタス
  • トマト
  • 胡瓜
  • にんにく
  • 生姜
  • 生赤唐辛子
  • ナンプラー
  • タオチオソース(タイの大豆ソース)

1.生姜すりおろし、にんにくすりおろし、ナンプラー、タオチオソース(タイの大豆ソース)生赤唐辛子を輪切りにしたものを混ぜ合せてドレッシングを作ります。
2.トマトを櫛切り、胡瓜を斜め切りにし、レタスをちぎります。
3.鍋に鶏もも肉、パクチーの根、茎、水、白醤油を入れて茹でます。
4.レタスの上に鶏もも肉を乗せ、トマト、胡瓜を添えます。

5.ドレッシングをかけ、パクチーの葉をトッピングします。

ジャックフルーツのココナッツ煮込み

  • ジャックフルーツ缶又はパンの実缶
  • バゴオン(アミエビの発酵甘辛ペースト)
  • ココナッツミルク缶
  • 鯵の干物
  • にんにく
  • 玉葱

1.オリーブオイルをフライパンに敷き、ニンニク、玉葱の微塵切りを炒めます。
2.フライパンで、鯵の干物を炒めてほぐします。
3.鍋にココナッツミルクを入れ、ジャックフルーツを煮込みます。
4.ジャックフルーツの煮込み、鯵のほぐし身(1+2)、アミエビのペーストを和えます。

揚げ茄子の冷菜

1.茄子は、ヘタを付けたまま、フライパンにオリーブオイルを敷き、素揚げにします。
2.フライパンから茄子を引き揚げ、トマトのみじん切り、にんにく微塵きり、細切りにした玉葱を野菜の水分だけで塩煮にします。
3.茄子に縦に切り込みを入れて2を詰め、フライパンに水を加え、煮込みます。
4.冷蔵庫に入れて冷やします。

山菜サラダ

  • ワラビ又は高菜漬け
  • フライドビーンズ(そら豆、ひよこ豆)
  • ピーナッツ
  • ミニトマト
  • キャベツ
  • 干し海老
  • 青唐辛子
  • ナンプラー
  • にんにく

1.ワラビを茹でます。高菜は、にんにくみじん切り、ごま油で炒めます。
2.炒ったそら豆、ピーナッツ、ミニトマトの半切り、にんにくみじん切り、干し海老、キャベツの千切り、青唐辛子をナンプラーで和えます。

アーティチョークとアンチョビのサラダ

  • アーティチョークオリーブオイル漬け(缶)
  • オイルサーディン(缶)又は他の魚の干物
  • りんご酢
  • スマック(ウルシ科の植物で作られたスパイス)又はディル
  • 胡椒

1.アーティチョークのハートの部分、オイルサーディン、りんご酢、オリーブオイル、塩、胡椒を混ぜ合わせ、スマックを降りかけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA