佐々岡采配、正解は島内ーフランスアの継投

フリーメイスンは、実在する。但し、団体に付けられた価値属性は、「ロッヂ」である。ロータリークラブ、ボーイスカウトは、その下部組織である。ロッヂは、東京タワーの近くに所在するので、田舎っぺは、東京に仕事やプライベートでいくことがあったら、通りがかって見るとよい。ネット民が「イルミナティ」という価値属性を付与している団体は、実在する。しかし、発起人は、イルミナティという価値属性は付与していない。例えば、「対外問題研究会」という名前が付される。陰でコソコソ活動しているわけではない。
「モルガン証券」「チェスター銀行」とか言う看板をデカデカと掲出し、ロスチャイルドもロックフェラーも頻繁に来日し、帝国ホテル、キャピトルホテル、赤坂プリンスの一室を借りて浩宮、繼宮、裕仁と会談をしている。安倍とか竹中とか小池のババアに意見なんか諮らない。
ロスチャイルドもロックフェラーも、ディレードスチールを仕掛けるランナーのように堂々と動いている。
天皇は、ロスチャイルド、ロックフェラーに次いで、架空商品をフィクションし、スイスのプライベートバンクに留保している。その次が、モルガン、チェスター、サザーランド、その次が、ブッシュとビンラディン。憲法学徒は、国民主権と言うが、現在でも、日本は、「天皇主権」なのだ。後見人がロスチャイルドである。現在も首都は、京都なのだ。
憲法学徒は、国民に人権があると言うが、野球部においては、バントなんかしたくなくてもバントをさせられる。自己犠牲が強いられる。奴隷に人権なんか存在しないのだ。金がなければ、権利という架空商品は買えないのだ。

09/07/2021広島3-4ヤクルト

日本においては、最も肉体を稼動できる人間が野球をやる。その中で最も肉体を稼動できる奴がエースで四番をやるのだ。
高校生で、右投げ右打ち、左投げ左打ちと同じようにスイングができるのは、小園とか前田智徳とか一握り。
元エースで四番の大半は、人権屋にブルって口にしないが、腹の中では、一握りの例外を除き、右投げ左打ちのスイングは、身体障害者がスイングしていると思っている。プロの右投げ左打ちでも、トップハンドの親指を使って波動を作っているのではなく、スイングをすると下半身が上半身を支えられずにクネクネしたり、グラついたりする、「コイツ、ヤバくねえか?」という奴もいる。
左打者に左投手、右投手に左打者をぶつける采配は愚策なのだ。
ドラフト候補に上げられている打者よりも俺の方が凄いと思っている。こんな奴チョロいぜ、打たれるわけないと思っている。投手は、投げる前から、カープファンが言うような名前負けなんかしないのだ。
プロに入ってくる奴は、高校のときは、エースで四番。勘違い野郎なのだ。野球部の練習に付いてこれなくて他の競技に逃げたオマエらとは違うのだ。
30代で900万しか価値が付けられなかった俺ですら、「少ねえよ、バカ!」としか思わない。感謝の気持ちなんで全くない。プロ野球選手は、契約金、年俸に高い価値が付けられても、プレッシャーなんか感じない、活躍できなかったら申し訳ないなんて思わない。
オマエら、「お」給料とか言っちゃって、どれだけ卑屈なんだよ。
前述のように、奴隷は権利を買えない。自己犠牲が強いられる。しかし、投手の中では、「7回無失点で抑えたが、リリーフが打たれて、チームが負ける。」>>>>>>>>「自分はボコられた、でも味方がそれ以上に打って勝ち投手という価値が付与された」なのである。タダ働きをさせられる野球なんか嫌いだから、やりがいなんで感じない。肉体の損傷が進んで、ワンバウンドが増えれば、「早く代えに来い」と思う。先発投手に忖度して降板を留保する必要はない。
リリーフ投手も、「走者を出して降板した奴が悪い。打たれて走者を全部還しても、俺につ付けられる防御率は0に近くなっていく」という認識しかない。回の頭から投げたリリーフ投手も「球数が増えて途中降板した先発がいけない」としか思わない。投げる前に、先発投手に付けられる勝ちを消したらどうしようなんて思わない。投げた後に、先発投手に申し訳ないなんて気持ちはない。
回の頭から投げたリリーフが打たれても、自分は7回を無失点で抑えたのであれば、勝ちという査定が付けられるから、余裕がある。逆転されたリリーフ投手を笑って許せるのだ。道徳に基づいて許したフリをしているのではないのだ。
野球やってる奴は、教師をも含めた中でスクールカーストの頂点で、勘違い野郎だからな。空振り三振なんかビビッてねえからな。打者もファウルで粘って四球で出ようとかねえからな。ファウルした後は、次に投げてきた球は、レフトにホームランにしてやるとしかなとしか思ってねえからな。凡退したり本塁打を打たれたら監督のいる前で、グラブとかバットとか”金属の机”とか投げるからな。
中国新聞の記者やカープファンは、石原貴規が、グラブで地面を叩いて低目の投球のサインを出して走られたことを批判する。それでは、地面でグラブを叩き付けずに、ワンバウンドの投球すればいいのか。それは違う。ワンバウンドを投げさせると、投手の側副靭帯、上腕部の損傷が進む。既に出塁している走者は、高校生でも走る。ワンバウンドでなくても左膝を地面に着けば、高校生ですら走る。ワンバウンドを投げさせることがダメなのだ。
私見では、僅差のビハインドは、自由契約が事実上確定している投手を投げさせて試合を壊す。勝ち試合に投げるリリーフを温存する。
僅差のリードした試合は、栗林、フランスア、ケムナ、島内の内、労働力を再生産できている投手を投げさせる。前の試合で、31球を投げて回跨ぎをしたケムナを外すのは理解できなくはない。島内は既に8イニングス目に投げている。9回は、栗林かフランスアの労働力が再生産できている方を投げさせる。森浦、バードは候補にすら挙げない。高橋樹也も栗林、フランスアよりも落ちる。フランスアが労働力を再生産して投げられているのであれば、例え四球を出しても安打を打たれても代える必要はない。カープファンは、走者を出した段階で、何故、バード、森浦、高橋樹也を出して一人一殺の継投をして勝つ姿勢を示せば、納得できる」と言うが、バード、森浦、高橋樹也を投げさせることは手段としてあり得ない。フランスアは、21球中、ワンバウンドの投球が2球。フランスアは、アーム式にして左手中指、小指を左肘より先につまみ上げることができている。左手首のコッキングもアウトサイド、左腕上腕部を外旋してから両肩甲骨がぶつかる。最大外旋位において、左足踵が地面から離れるのの、ギリギリ左股関節は外旋、右足首を背屈、右股関節は内旋、手術前と異なり、右膝は突っ張らないが、右膝もスクエアで屈曲も深くない。投球動作上も、ギリギリ労働力は再生産できている。フランスアを続投させて打たれても腑には落ちる。

10/07/2021広島5-0ヤクルト

8イニングス目は、コルニエルよりも前の試合で12球投げた島内の方が望ましい。記録員がマシンを稼動させて付けた球速だけでは、投手の優劣という価値は付けられないのだ。投球動作をチェックしなければダメなのだ。8回裏バードのワンポイントは、軽薄な手段。
森浦は、二段モーションを採用するから、左足が踵体重になる。左肘をつまみ上げてから左手、中指、小指を持ち上げる。左股関節は内旋、右股関節も内旋。右肘は落ちる。左腕上腕部を外旋してから両肩甲骨がぶつかる。右関節は内旋、左股関節は外旋。左手親指基節骨でボールを叩くと、右膝は突っ張るが、右股関節が外旋、両股関節がぶつからない。親指のしなりが小さいので、左手親指の基節骨の加速距離が短く、トップハンドの中指、小指が投球肘より先に持ち上がらない。波動を産み出せていない。左肘の側副靭帯の外反(レイバック)、内反(投球腕前腕部が回内)だけで左肘を上げる。左肘が上がらず、左腕前腕部が凹む。脱力ができていないのである。投球動作に力感があると錯覚される。記録員がマシンを稼動して投球の軌道に付けた価値はハイスコアであるが、瞬発力を産み出し切れていない。
カープファンは、「森浦が速すぎ、もっとスピードを落とせ」という冗談に洗脳される。

「佐々岡采配、正解は島内ーフランスアの継投」への6件のフィードバック

  1. お疲れ様です。
    フリーメイソン、イルミナティーですか。
    論じるほど、詳しくは有りませんが、前者が儀礼的結社、後者がイデオロギー、政治的結社。
    前者の宗教(キリスト教各派、イスラム)抗争位しか知識として持ち合わせていません。

    野球の話。
    環境的にも、わりとプロは遠い存在ではなかった記憶がございます。
    高校も関東1校、近畿2校、四国1校、九州4校推薦を頂いておりました。
    私は、全て蹴って、地元の公立高校に進学しました。(野球に対する興味がなく、大学には一般入試で進学しようと思っていた)
    シニアでは、トップバッター。高校では、3番でした。
    3年の時、読売のM氏(もう亡くなられました)より将来野球を続けるか問われ、キッパリと「僕っスか?将来、野球やらないっス。面白くないです」と答えました。
    私、野球上手くなかったんですけどね。(笑)
    ただ、スピードは誰にも負けない自信はありました。
    体格も183cm.80kgありましたから。高校3年レベルでは、恵まれてました。

    高校に入ってすぐ、左打ちやれって言われて、2カ月で断念。いや、前田さんは尊敬します。とにかく、左手で押し込めない。左相当鍛えましたけど、ダメ。自分のイメージした打撃が、全く出来ない。まさに、走り打ちみたいになっちゃって。(笑)
    右投げ左打ちなんて無理やなと。
    身体障害という言葉は、完全同意。
    バランスの問題。

    右投げ左打ちは、才能だと思います。
    頑張ってどうなるものではない。
    (勿論、プロの一流レベルでのお話です)

  2. 管理人
    テリーファンクJr.さん、コメント有難うございます。
    ロスチャイルド、ロックフェラーは、パーフェクト唯物論者、パーフェクト無神論者です。朝鮮人や貧乏人の子供をさらって共産主義、自由主義の”イデオロギー”の部分のみを叩き込みます。スパイ及び工作員として銀行(銀行の役員は、更に、資本規模、売上げ規模が同一の会社の役員よりも、役員給与に高い価値を付けている同族会社に派遣されます)、上場企業、テレビ局、、暴力団、軍だけでなく、一決算期当たりの売上15億円程度の価値が付けられる中小同族会社、司法研修所、大学、ロッヂ、労働組合に潜り込ませます。工作員に付けられる属性は、必ずしも役員、大学教授には限定されず、使用人、学生の場合もあります。工作員がデモを指揮します。奴隷に健康診断を受けさせ、架空の病名を告知し、ブドウ糖、ワクチンを投与し、ガン保険に加入させます。
    イルミナティのメンバーは、主に上場会社の代表取締役、大学教授です。フリーメイスン及びその下部組織であるロッヂ、青年会議所、ロータリークラブは、上場企業の代表取締役ではない、同族会社の役員でも入れます。イルミナティもフリーメイスンも経済団体です。ロスチャイルド、ロックフェラーが工作員、イルミナティ、フリーメイスンのメンバーに宣伝させているのが、イデオロギー、哲学、道徳、宗教、倫理、正義、物神論です。奴隷を唯心論者化していきます。
    野球の話ですが、シニア、ボーイズリーグだけでなく、中体連の軟式(大阪だけが準硬式があります)の大会も視察しにきます。私も試合後に、埼玉の私立高校野球部(当時は甲子園には出たことがない)の関係者から話しかけられたことがあります。しかし、その人からその後連絡はなく、都内の野球名門高のセレクションを自分で応募して受験して落ちました。都内の公立高に入りました。
    監督が新聞記者に渡した私のデータには、身長183センチとか181センチとかありましたが、実際には、176~177センチで、72キロぐらいしかないです。しかし、肩幅は、185センチくらいの奴より広いので、市販の服が着れません。
    野球を辞めてからプロ野球選手に何人も会っていますが、皆、選手名鑑に記載された身長より6~8センチぐらい小さいです。
    高校三年のときに、北関東、中部地方、山陰地方の大学からスポーツ推薦の話が来ました。田舎すぎなのと、その大学の野球部が弱く、その大学の偏差値も低いので、ロクでもないところに契約社員としてしか就職できない(契約が切れた後は、町工場)のと、これ以上練習したくないので、断りました。一浪して東京六大学の中の一つに一般入試で入りました。試合の日は、試合のない日より練習が軽いので、試合のある日の方が好きでした。試合開始前にプレッシャーは感じたことがないです。
    右投げ左打ちで、右投げ右打ち、左投げ左打ちの選手と同じスイングができるようになった選手は、第三者から見たらキチガイレベルで練習量をこなしているのだと思います、というよりキチガイレベルで練習していることは間違いありません。

  3. お疲れ様です。
    森浦について

    彼の、弱点は、腕のしなりにあると思います。(大道は合格)
    腕の振りの加速は、筋肉の反射的収縮作用。(無論、これは反射的ですから、無意識)
    この加速が大きいほど、しなりを作り出せる。
    その最大要因は、腕先の力の抜け=脱力。
    ボールの重力で、腕が遅れて出てくる。
    これが、理想。

    現時点の森浦のフォームには、これが感じられません。

    両肩と投げる手を結んだラインが直線が理想。
    肘の位置が下がれば、故障しやすい。

    森浦には、しなりを意識したフォームを徹底的に固めて欲しいです。
    そうすれば、十分戦力になると思いますが・・・・。

    私は、森浦を上で使う事は反対で、ファームに落として、この部分を徹底的に鍛えて欲しい。
    それが、将来彼のためになると思います。

  4. 管理人
    テリーファンクJr.さん、コメント有難うございます。
    トップハンドの中指、小指を走らせ、投球肘をヒッチ、トップハンドの親指基節骨をしならせます、トップハンドの親指基節骨でボールを叩き、トップハンドの中指、小指を浮き上がらせます。投球肘が持ち上がります。トップポジション期に前肩関節を背骨の方に、前肘をトップハンドの手首方向にを入れる間を作らせないようにします。前肩関節が背骨の方に、前肘がトップハンドの手首の方に入ってしまうと、前肩関節を開かないと、投球肘をアクセレーション(側副靭帯の内反)ができないからです。
    トップハンドの中指、小指のしなりを作って中指の基節骨でボールを叩きしなりを解除し、投球腕の前腕部を回外すると、投球肘がレイバックします(上腕部の最大外旋位)。投球肘が落ちます(ヒッチ)。投球肘の側副靭帯が外反します。投球腕の親指がしなります。側副靭帯の前束の突っ張りがMaxになります。ボトムハンドの肘が落ちます(ボトムハンドの前腕部が回外)。前の股関節が内旋します。投球腕の親指基節骨でボールを叩き、投球腕の前腕部にある橈側手根屈筋、尺側手根屈筋、屈筋回内筋群を使って投球腕の側副靭帯を内反、投球腕の前腕部を回内すると、側副靭帯の前束の突っ張りが緩和されます。しかし、ボールを人差指の付け根でボールを握っていると、人差し指の付け根は、中指基節骨のよりも溝が浅いので、その外旋に関する稼働域が狭く、側副靭帯の前束が突っ張ってしまいます。
    投球腕の前腕部を回内すると、投球肘が上がります。すなわち、投球腕の親指基節骨の加速距離が長いほど、投球腕がしなります。脱力=トップハンドの中指、小指、親指基節骨の加速距離です。脱力の源泉が、トップハンドの中指、小指のしなり、トップハンドの親指のしなりです。投球肘をヒッチしないと前肘が落ちず、両股関節の距離が広がります。トップハンドの親指のしなりができず、側副靭帯の前束のしなりが源泉になってしまい、側副靭帯を故障します。トップハンドのしなりを大きくする装置が、回転半径の短縮です。
    関節は、その溝が深いほど、稼動域が広い。上半身で最も関節の溝が深いのが、肩関節、次いで、側副靭帯にある関節、中指の第二関節です。下半身で最も深い溝が股関節です。セットアップのときにトップハンドの基節骨にボールをはめ込みます。投球肘をヒッチしたときに後の肩関節にトップハンドの手首を格納します。ボトムハンドの前腕部が回内されます。前肩関節が内転します。前の股関節を内旋、後ろの股関節を外旋します。すなわち、回転半径とは、前肩関節と後の肩関節の距離、前の股関節と後の股関節の距離です。森浦は、トップが入れ替わったとき(投球腕の前腕部が回外、側副靭帯の外反)、前膝で地面を蹴って前膝を突っ張らせて壁を作っても、前股関節の内旋ができていない。前足首が底屈し、前足の親指から小指の幅が広がる。回転半径が長くなる。トップハンドの親指のしなりが小さい。トップハンドの親指基節骨の加速距離が短い。トップハンドの中指、小指が浮き上がらない。投球肘が持ち上がらない。0ポジションができない。更に前の股関節が前に出る。すなわち、脱力ができない。第三者からすると、力感があると錯覚する。後ろの股関節を内旋しても、前の股関節にぶつからない。瞬発力が軽減される。前足首が底屈しているので軽減された瞬発力も分散される。森浦は、今の投げ方を修正できなくても、ドアスイングで振る打者が多い二軍では抑えられてしまう。三軍で投球動作の土台を作り変るのが完成したら、二軍でのテストを経ずに一軍に上げた方がいいと思います。

  5. お疲れ様です。

    いつも疑問に思ってた事が。
    えぇ、野球に全く関係ございません。

    このブログ名「東京町屋の卵売り」
    管理人様のお名前、「なまず大王」

    なぜこの名前にしたんでしょう?

    いや、前から気になってたもんで。

    それだけです。

  6. 管理人
    テリーファンクJr.さん、コメント有難うございます。
    「町屋」は、鈴木誠也の出身地、巨人の星の設定
    「卵売り」は、ミネソタの卵売り
    「なまず大王」は、ケロッコデメタンの「なまず大王」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA