[選手名鑑]大竹耕太郎

左投げ左打ち
生年月日 1995年6月29日
濟々黌高ー早大ー2017育成ドラフト4位(2018年7月29日支配下登録)
公称サイズ 184cm 87kg

投球動作

大竹は、右足のスパイクの内側、左足のスパイクの外側でエッジをかけ、オープンスタンスにしてセットアップする。ボールは、左手中指付け根で握る。右足拇指球で地面を蹴る。左腕前腕部を回外する。右腕前腕部は回外している。左足内踝にウェイトがかかる。左腕前腕部を回内する。左足小指球にウェイトが移る。右腕前腕部は回内している。左肩が右肩よりも下がる。左肘は、右肘よりも下がっている。左手首に骨盤を通過させて止める。右足首が底屈から背屈に変わる。左肘はインバートWでつまみ上げる。左肘をつまみ上げたときに右腕前腕部を回外する。左足は、インエッジであるが、Cアーチができている。右足は、スパイクの外側から入射する。両肩甲骨が緩くぶつかる。左肘のアクセレーション前に両肩甲骨がぶつかる。右股関節が外旋する。左手親指のしなりを解いて両肩峰をぶつけていく段階でも、未だ頸反射していない。リリースの直前、右膝の屈曲が深い。両股関節をぶつけると左股関節が屈曲する。リリースの瞬間の左腕と背骨の交わる角度、左肘の高さは、オーバーハンドである。左足拇指球で地面を蹴る。

球種

フォーシーム Max 143km/h
チェンジアップ
ツーシーム
カーブ
スライダー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA