新庄BigBossおらが村のヒーロー中村奨成”捕手”に引導を渡す

試合前のゲームプランを選手が実行し、二死一三塁のケースで前々回の試合に引き続き広島の捕手中村奨成が二塁に送球してくれた。わが日本ハムファイターズは、先制点を取ることができた。捕手にとって、2試合続けて一三塁のケースで二塁に送球してしまうというのは屈辱以外の何物でもない。試合後のインタビューなんか拒否したかったであろう。

三回戦日本ハム3-6広島

冒頭のケースは、一塁走者が一二塁間ハーフウェイで一塁走者である清宮がシャッフルする。二塁送球後、三塁走者が本塁に向かって走りヘッドスライディングしたものである。
5回表、日本ハムは、一死から松本剛が二塁打を打つ。今川は、二塁走者松本の先方の遊ゴロを打つ。小園は三塁に送球する。松本が挟まれて三塁タッグアウトになる。
二桁三振を取っていたら少ない球数でアウトを積み重ねることができない。ゴロを打たせる投球をすれば、打球が投手の後ろ足に当たることは十分にあり得ることである。伊藤は、踵体重になる。右肘のアクセレーション前に左股関節が外旋する。右股関節を屈曲できず、右足を一塁側にターンできない。
試合前のゲームプランで書いたとおり、日本ハムのブルベンスタッフは、アンダーハンド、サイドハンド、スリークォーターの割合が高く、オーバーハンドの投手もテイクバックが大きい、ストライドが広がるという難点のある投手を含む。ブルペンスタッフにファストボールがタフな投手は、吉田輝星、北山しかいない。6イニングス目、7イニングス目を投げる投手を挙げることができない。
本音を言えば、吉田輝星、北山を残してブルペンスタッフを二軍の投手と総入れ替えしたいところであるが、二軍の投手からそれだけの人数を確保するのは難しい。
移動日無しで移動するのは、一二軍共同じである。二軍での成績は関係ない。労働力が再生産できているのであれば、先ずは、鈴木健矢を降格させ、ロドリゲスと入れ替えたい。

阪神一回戦のゲームプラン

上沢は、ゴロを打たせて少ない球数でアウトを積み重ねるのが基本で、最低でも6イニングを食わせたい。7回ロドリゲス、8回吉田輝星、9回北山と継投したい。新庄が阪神3回戦に吉田輝星の先発を実行するのであれば、ワンバウンド投球を連発しなくても、30球を基準に降板させることが必要だろう。
前の試合では、飛球を捕球すれば攻撃終了となる2死から万波が前進守備を敷いて中村奨成に頭上を越された。浅い打球でも落下点の後ろに入るのは同じであるから、最初から深めに守っていればよいのだ。
左投げ左打ちの近本は、右足、左足共にスパイクの内側から入射し、ストライドが広く守備範囲が狭い。背骨の右側で捕球する。現在右翼を守る島田も昨季右翼を守っていた佐藤輝明同様、背骨の左側で捕球する。
右中間を破らなくても、打者走者は、二塁に進塁することができる。
右中間を破る若しくは中堅の頭上を越えれば、打者走者は、三塁、更には、本塁に走りたい。
阪神遊撃中野は、広島小園と同じく、背骨の右側で捕球する。ランエンドヒットをかけて右打者に三遊間に打たせても、三塁に送球できる。左打者に一二塁間に打たせるか、一塁線にバントさせて、遊撃手を二塁ベースに入らせたい。日本ハムの左打者に三遊間に打たせれば、三塁手が三塁ベースが離れるが、首がホームベースの方に曲がり、アウトローを空振り、又は合わせただけの打撃になる。阪神の一塁手大山、二塁手の糸原は、背骨の左側で捕球し、左肘を右肩の方に入れてトップを作る。三塁には投げられない。
左打者に一二塁間に打たせるか一塁線にバントをさせるのが基本となる。
阪神先発は、ウィルカースンは、左膝を下したときに右膝が折れる。打者は、トップを作る間を確保できる。カーブ待ちで全球種をスイングしていくことが基本となるだろう。左膝を下したときに右膝が折れるということは、クイックが上手くないということである。一死又は二死で盗塁成功した場合、阪神側が前進守備を敷いてくれるかはわからないが、二盗にトライしたい。
私が日本ハムの監督であれば、下記スターティングオーダーを組むだろう。
(遊)上川畑
(中)淺間
(左)松本
(右)万波
(二)アルカンタラ(右打席)
(三)野村
(一)清宮(ヌニェスを一軍登録するのであれば、ヌニェスを優先)
(捕)宇佐美