[選手名鑑]松川虎生#2

右投げ右打ち
2003年10月20日
市立和歌山-2021ドラフト1位
公称サイズ 178cm 98kg
捕手

打撃

松川は、右足のスパイクの内側、左足のスパイクの外側でエッジをかけ、スクエアスタンスでセットアップする。グリップは、右手人差し指の付け根で握る。フィンガーグリップで握る。ヘッドはホームベース側に倒す。右足親指の先は、捕手方向に向いていないが、右膝が外側に開く。右手中指でグリップを叩いて右手首をコックする。右手親指基節骨でグリップを押す。ヘッドが投手方向に向く。臀部が沈む。ウェイトを右足のスパイクの内側の拇指球寄りにかける。右手首を頭の上1/3に持って来ている。フライングエルボーをしている。頸反射はしていない。左足は、スパイクの外側から入射する。

走塁守備

松川は、グラブの小指側で投球を叩いて右手親指を屈曲、両足をシャッフルする。背骨の右側で、右肘をヒッチしてベアハンドキャッチができる。右手親指基節骨でボールを叩き、スタンダードWでフライングエルボーする。左足首を底屈し、左足のスパイクの外側から入射する。左股関節は、僅かに外旋する。リリースの直前に左股関節は戻りきらず、左膝は突っ張らないが屈曲は深くない。フライングエルボー、最大外旋位のところでも頸反射できている。右手親指でボールを叩いたときの背骨と右腕の交わりはスリークォーターである。
三塁線のゴロをベアハンドで捕球し、テイクバックなしのインバートWで右肘をつまみ上げ、シャッフル、右股関節をバックステップして三塁に送球送球することができる。