[大人は判ってくれない]プロ野球に関する経済関係

スポーツとユダヤ金融資本とは、芸能産業、性産業と同じく、密接な関係がフィクションされており、3S政策という価値属性が付与されています。プロ野球球団の選手補強、設備投資(外注人先の使用人給与)及び興業に関して論じるに当たり、避けて通ることはできません。しかし、学校の教師、公認会計士、税理士、ファイナンシャルプランナー、中小企業診断士、社労士、弁護士、司法書士、テレビの作家、シンクタンクの研究員、自称ノンフィクション作家を含む先生という権威が付与された者は、当該経済関係を教えてくれません。否、正確に理解していないから教えられないのです。

資金調達に関するおさらいと整理

そこで、筆者が何度も文章化プロ野球に関する経済関係を図にし、俯瞰できるようにしました。また、後半においては、春季キャンプ第2クールを見て気付いたことを書いています。当ブログで述べられて経済関係のことを試験の答案に書いたら間違いなく0点を食らうことを保証します。しかし、下記の図を見て頂ければ、プロ野球ファンが、いかに資本から洗脳されてきたかを思い知らされるでしょう。プロ野球球団の選手補強、設備投資(外注人先の使用人給与)及び興業に関して研究し、論じる過程で、その都度、この図を参酌して頂ければ、正鵠を得たコメント及びコンテンツを産み出すことができます。

    • <注記>
  • 代表取締役も使用人である。
  • 商品の貸付けの「商品」は、架空商品、器具備品、固定資産、棚卸商品が含まれる。
  • 架空商品の代表は、現預金である。
  • 代表取締役には、総理大臣、その他大臣、長官、都道府県知事、官公署の長、国会議員も含まれる。
  • 株主の中には、法人の代表取締役を兼務している者(オーナー株主)も含まれる。
  • 総理大臣は、ロスチャイルド家の党首によって任命される。
  • 総理大臣、その他大臣、長官、都道府県知事、国会議員は、ロスチャイルドによって頻繁に交代させられる。総理大臣、その他大臣、長官、都道府県知事、国会議員は、ロスチャイルドとの経済関係は、同族会社のオーナーに比べると遥かに薄い。
  • 公開会社の株式は譲渡できるが、同族会社の株式は譲渡制限が課されている。オーナー株主は、公開会社の株式の所有者よりも、ロスチャイルドと密接な経済関係が構築されている。すなわち、同族会社のオーナー株主がロスチャイルドに雇われたフィクサー(工作員)である。
  • 同族会社のオーナーは、子供を作って子供を養うことにより経済関係を構築し、同族会社の株式が他に譲渡されることを防止する義務が課される。
  • 日本銀行の出資証券は、ロスチャイルドとロックフェラーがそれぞれ33.4%ずつ取得し、残りは、天皇、サザーランド、チェスター、モルガンが取得している。
  • 日本銀行の出資証券の所有者は、子供を作り、子供を養育して子供との経済関係を構築し、日本銀行の出資証券が他に譲渡されることを防止しなければならない。
  • スイス銀行はプライベートバンクである。
  • 人民は、法人の株式を、複数、個人名又は法人の代表取締役名でロスチャイルド又はロックフェラーから購入することができる。
  • 株式を購入した株主は、名義が法人の代表取締名であろうと、個人名であろうと、購入した全ての株式発行元法人の使用人に貸付けを行うことができる。例えば、正力正太郎は、読売新聞の株式を個人で購入し、読売巨人軍の株式を法人の代表取締役名で購入している。読売巨人軍に読売新聞の株主兼代表取締役正力正太郎が融資した場合には、読売新聞の株主兼代表取締役正力正太郎は、それを広告宣伝費として損金に算入し、読売巨人の法人所得を計算できる。松田元個人は、マツダにも広島東洋カープの使用人にも貸付けを行うことができる。松田元は、マツダの株主権代表取締役として広島東洋カープの使用人に貸付けをすると、法人税法上、広告宣伝費として損金に算入することができず、一般寄附金、役員給与、株式配当として損金算入が否認されるか制限が課されるというだけで、マツダの株主兼代表取締役として広島東洋カープの使用人に貸付けを行うことができる。すなわち、法人税法上の特典を松田元が受けられないだけで、広島東洋カープの使用人は、マツダの株主から融資が受けられるのである。
  • 図中の「借用書」は、国債という価値属性が付与されている。結論を言えば、ロスチャイルドがした借金を労働者が返済させられているのである。
  • 中央銀行(民間銀行)の出資者であるロスチャイルドは、架空商品を無制限にフィクションできる。すなわち、他の者が架空商品をフィクションして別途中央銀行を出資設立しても、その架空商品を買い取ってその者が設立した中央銀行をも買収できてしまうのである。
  • 労働者は、株主から支給された架空商品(価値属性を付与するとすれば栄養費)を貯蓄してしまうと労働から逃げてしまうので、奢侈的支出(女、研磨された石ころ、車、時計、権威付けられた衣服)をさせ、性労働をさせ、子供、自身の親を無償で介護させるのである。

結論

松田元は、正力、渡邉恒雄と同じかそれ以上に使用人に報酬を払うことができます。しかし、野球に関係のない者に労働をさせたり、既に引退後に遊んで暮らせるだけの金を稼いだベテラン選手やメジャーリーガーを働かせて報酬を払うのではなく、アマチュア選手、特に高校生を雇って、報酬を弾んでいただきたいというのが筆者の考えです。FA選手やメジャーリーガーを補強しなくても、監督コーチが、容姿、過去の実績、データに基づく主観を排し、野球の動きを全体化して見てあげれば、選手自身が土台を築き、選手自身が更にその技術を磨けば輝きを放つであろう選手が少ないながらも既に存在しているのです。
筆者は、直前記事において、スターティングメンバーに関する私的試案を書きました。そこで挙げた若手選手を現実に起用すれば、走攻守何れにおいても、今季は、沢山ミスをして試合を落とすでしょう。
しかし、スタメン候補として挙げた選手の内、中村奨成、坂倉、菊池涼介に関しては、前肩が背骨の方に入る動作が復活してしまうのではないかという懸案事項がありますが、その他メンバーは、実績のほとんどないに等しい無名の選手が多いですが、欠陥が大きい打撃動作を産み出していない選手を揃えています。そこに挙げた選手を現実に辛抱強く使い続ければ、三連覇のとき、1996年のときのスタメンの各選手よりも実績を高く産み出し、2024年には、広島東洋カープの歴史上、走攻守どれをとっても、最も強力な打線を形成してくれるでしょう。
第2クール終えた段階で、各打者に関しての分析した結果のコメントは、上にリンクを貼りつけてありますので参照して下さい。投手では、床田は、クイックで投げる場合に、①昨季までのように右膝を上げて股関節のタメを作るのではなく、セットを解いて左股関節を外旋したこと、②右膝を上げずに、スライドステップを用いるようになった。①により、左肩が右肩よりも下がる程度が昨季よりも大きくなった。②により、左手親指基節骨でボールを叩く直前に左肩関節がこれまでよりも残るようになった。しかし、左肘を最初につまみ上げてからトップポジションに入っている。セットを解くときに、左手親指の加速距離が短い原因としては、セットを解く前に左手親指爪先を伸展してから左手親指基節骨の上の関節を内旋し左手親指の基節骨でボールを叩くのではなく、左手親指の爪先でボールを押しているか、左手親指の第二関節を伸ばしてボールの下に左手親指を潜らせているかのどちらがあり得るが、床田の場合は、前者である。それ故、右股関節を内旋する前までに左手親指基節骨でボールを叩く間が作れず、左股関節を内旋したときに、右股関節が外旋し、右膝の壁が崩れてしまうところは、昨季までと変わっていない。