阪神の先発ローテーション入りした小野泰己のピッチング

Last Updated on 2023年4月12日 by wpmaster

昨季、先発ローテーション入りした小野は、2019年2月17日の日本ハムとの練習試合で右肘を故障。

4回から2番手で登板し、5回無死一、二塁で森山への4球目を投げ終えたところで降板。

開幕に間に合うか微妙になっている。

昨季の通算成績

2018年は、春季キャンプ中の紅白戦(2月7日)からオープン戦にかけて29イニング連続無失点を記録。

開幕ローテーションに抜擢されると、全ての登板試合で先発を任された。

4月4日の対DeNA戦(横浜スタジアム)でシーズン初登板・初先発し初勝利を挙げる。シーズン5試合目の登板であった5月6日の対中日ドラゴンズ戦(甲子園)では、シーズン初登板からの3連勝を達成する。

ストレートの平均球速は、147キロで、菅野(148キロ)に次いでセリーグの先発投手では2位。

8月18日の対ヤクルト戦(神宮)では、シーズン2度目の3連勝を自身初の3登板試合連続勝利で達成する。この試合の終了した段階でで7勝3敗という成績を残していたが、以降の試合においては、4連敗でシーズンを終えた。

動作解析

小野は、右股関節を外旋してレッグアップとレッグダウンを2セット(二段モーション)行い、右足踵から右足の拇指球に重心を移してステップする。

テイクバックのときに右腕前腕部が回内するが、右腕を背中の方に引き、テイクバックが横に大きい。

テイクバックがアーム式に近いことがある。

右肘をつまみ上げたときにボールを持つ手と頭の位置が離れている。

左肩、左膝が開く。

左足は踵から着地する。

トップの角度が浅い(ボールを持つ手と頭の距離が離れている)。

トップを作ったとき、右膝が内に入り、右膝が沈む。

左肩、左膝が割れる。

トップを作ったときに右腕前腕部が回外する。

トップを作った直後、右腕上腕部の外旋が大きい。

右肘が左肩、左膝の割れに遅れて出ることがある。

クイックで投げるときもクイックで投げないときも、左足の着地から右肘が出て行くまでの間が長い。

リリースの瞬間に左足が突っ張ることができているときと、左足が突っ張ることができていないことがある。

リリースの直後に右腕上腕部が凹むことがある。

リリースの瞬間に右肘が沈むことがある。

フォロースルーで左膝の壁が崩れることがある。

左足は踵から着地するので、球数を投げる毎に下半身が損耗し、マウンドが硬い東京ドーム、札幌ドームでの成績が良くない。

左足の位置を固定するのが難しい、黒土でマウンドの柔らかい甲子園、マウンドは硬いが粘土で掘れ易いマツダでの成績が良くない。

右股関節のタメが作りにくい、傾斜の緩やかな神宮での成績が良くない。

左足は踵から着地するので、左足の踵の位置を固定しにくい、粘土の神宮、マウンドが柔らかい横浜で1回、マウンドが黒土で柔らかい甲子園で2回暴投している。

傾斜が緩く右股関節のタメが作りにくいメットライフドームで1回暴投している。

上体が突っ込みやすい、マウンドの傾斜が急な京セラで2度、札幌ドーム、東京ドーム、ナゴヤドームで1度暴投している。

左足の着地から右肘が出てくるまでの間があるので、打者は、間を取ることができるので、いわゆる懐の深い打撃が可能であるが、ステップ幅を狭めて踏み出す足の着地が遅れないことが重要。

左肩が内に入って上体がホーブベースに被さるとフォークにヘッドが止まらなくなるので、両脇を空けてステイバックすることが重要。

各種指標

コース別成績

右打者

左打者

球種配分

球種別成績

対戦成績