コリジョンルールをぶち破れ!おまんこ野球では勝てません

英語のスラングとなっている「チキン」は、「おまんこ」である。
おまんこ野球では、勝てません。
法案を潰せるのは、日銀に33.4%出資しているロックフェラーとロスチャイルドのみです。ロスチャイルドとロックフェラーは、労働せずに無制限に架空商品を産み出し、架空商品に価値を付けます。よって、労働者は、日銀の出資証券を購入することができません。ロスチャイルド、ロックフェラーは、無制限に借用証書をフィクションし、自らが借用証書を購入します。ロスチャイルド、ロックフェラーは、ロスチャイルド、ロックフェラーがした借金の借用書の債務者に労働者の名前を付します。学者を使って国民主権、労働者の権利を宣伝します。労働者は、経済関係の当事者すなわちタダ働きをするか労働者か産業資本になってタダ働きさせないと栄養費が支給されません。ロスチャイルド、ロックフェラーは、経済関係の当事者とはなりません。中央銀行関係以外は、法案は否決しません。行政権は、労働者ではなく、同族会社の社長と学者と日銀に20%出資している天皇に付与されます。議員は、選挙ではなくロスチャイルド、ロックフェラーに任命された労働者です。産業資本と労働者間の争い及び司法にも関与しません。生きるということは労働力を再生産することです。生きるということは、他者の生命、商品、役務を奪うことです。経済関係においては、先輩後輩は関係ありません。一人の人間対一人の人間の骨肉の争いです。労働者は、法を破らないと生活できません。

コリジョンルールに付ける価値

日本ハム対楽天19回戦4回裏二死一塁、二死を取られているので、打者がアウトを取られる前に本塁ベースを蹴ってオーバーランしなければならない。ノーバウンドで捕球された段階で3アウトが成立するので、打者が産み出した結果を待たずして帰塁する必要はありません。既に出塁している走者は、初球から走らなければならない。
前膝を上げずに、又はセットを解いてから前膝を上げる投手に対しては、走者は、投手がセットを解いた後か、捕手が投手がセットを解く前にグラブを持つ方の肩を外旋してグラブを落としてセットアップを解除した後に、左手親指のしなりを解いてスタートを切るしかない。釜田は、セットを解く前に左膝を上げるので、走者は、投手がセットを解く前にスタートを切ることができる。
近藤は、初球、釜田が左膝を上げた後、セットを解く前にスタートを切る。近藤は二盗に成功する。
釜田は、2球目以降、2球投球をワンバウンドする。炭谷は、左膝を地面に着いて捕球する。にもかかわらず、近藤はスタートを切らず、フルカウントになる。
本塁送球の基礎の一つは、三塁線を通過させ、捕手にノーバウンドで投げることです。根拠の一は、ワンバウンドの投球は、投球腕上腕部の棘下筋、側副靭帯の前束、前腕部の深層屈筋を故障するからです。根拠の二は、掘れた地面、地面の凹凸に送球の軌道が当たれば、バウンドが変わるからです。捕手は、ミットを持つ手の親指基節骨でグラブを叩き、左肘を上げ、走路を空けてセットアップする。バックスピンが最大となった後、トップスピンに切り替わる前に首をベアハンド側の肩関節方向に首を捩じり、ミットを持った手の肩関節を外旋する。

公認野球規則6・01(i)(1)得点しようとしている走者は、最初から捕手又は本塁のカバーに来た野手(投手を含む。以下「野手」という。)に接触しようとして、または避けられたにもかかわらず最初から接触をもくろんで走路から外れることはできない。もし得点しようとした走者が最初から捕手または野手に接触しようとしたと審判員が判断すれば、捕手または野手がボールを保持していたかどうかに関係なく、審判員はその走者にアウトを宣告する。走者が正しく本塁に滑り込んでいた場合には、本項に違反したとはみなされない。
(2)捕手がボールを持たずに得点しようとしている走者の走路をブロックすることはできない。もし捕手がボールも持たずに走者の走路をブロックしたと審判が判断した場合、審判員はその走者にセーフを宣告する。前記にかかわらず、捕手が送球を実際に守備しようとして走者の走路をふさぐ結果になった場合(例えば、送球の方向、軌道、バウンドに反応して動いたような場合)には、本項に違反したとはみなされない。

同規定は、経済関係上、フィクションされた権利義務が通則化されている場合に、文章化することによって通則であることを確認する規定ではなく、経済関係上、フィクションされた権利義務が通則化されていない場合を例示して、文章化を行った創設規定である。
経済関係上、攻撃側はベースを蹴る義務が生ずる。経済関係上、守備側はタッグアウトにする義務が生ずる。「得点しようと」「接触しようと」「接触を目論んで」「守備をしようと」という目的、故意は、例示であり、実体のない観念である。同規定の適用の要件は、「走路を外れた」「走路を塞いだ」「送球が産み出された」「送球を追いかけた」という肉体の稼働すなわち実体のみである。走者と野手が接触するのは偶然ではない。走者と野手は必ず接触する。
捕手を避けると、左足の拇指球で地面を蹴ってしまい、右足がO脚になって走路が膨らむ。走塁の基本は、オーバーランの他に、1)左肩関節の外旋(左手親指の指先のしなりを作る)、2)バックステップ、3)シャッフル(両足の内踝をぶつける)、及び4)ラインの内側のフェアゾーンを走ることです。走塁の基本の一つはオーバーランです。三塁走者は、捕手が両股関節を内旋して股を閉じる前に捕手の股間に足を通し、ベースを蹴ってオーバーランしなければならない。走者は、捕手が捕球後に両股関節を内旋して三塁線を塞いだ後もラインの内側を走って体当たりすることができる。
上川畑は、左手親指のしなりを最大にすることはできず、大根切りをするが、左手親指のしなりを解くと、ヘッドが下がる逆波のスイングとなる。ヘッドアップすると打球がハーフバウンドする。
右翼手岡島は、トップスピンのかかった打球を背骨の左側でフォアハンドで捕球する。岡島は、左足のスパイクの外側から入射するが、左股関節が前に出る。トップを作った後、右肩関節が内旋する。左膝が左足つま先の前に出る。送球は、本塁ベース周辺のアンツーカーの前、プレートとホームベースを結ぶライン上で地面と接触する。この段階で炭谷は、ホームベースの後ろに構え、三塁線を塞いでいない。送球が浮き上がってから炭谷は三塁線を跨ぐ。バウンドに価値を付けるとハーフバウンドである。
炭谷は、近藤が足を股間に入れる前に両股関節を内旋して股を閉じ三塁線を塞ぐ。炭谷は、ボールを既にボールを持っているのであるから、近藤は炭谷に体当たりして炭谷がタッグする前にボールをミットからこぼさせることができる。近藤は、炭谷との接触を避け、走路を膨らませます。近藤が立ったまま右手でホームベースにタッチする前に、炭谷は、近藤の左膝にタッグします。
捕手は、三塁線を超える送球は、三塁線を跨がないと捕球できないのであるから、意思は介在し得ない。

四球は一つしか進塁できないの?

投手が四球を出した場合、打者走者及び既に出塁している走者には、進塁権が審判から付与されます。打者走者を含む走者は、走る義務は生じません。投手が四球を出した場合には、インプレーです。野球に関する動きを停止することなく進行できます。よって、打者走者及び既に出塁している走者が2つ以上進塁することを妨げるものではありません。打者走者を含む走者が走ることを妨げていません。
現実に、投手がワンバウンドを投げ、打者走者がトップを作った後トップハンドの肩関節を外旋した結果、ヘッドが動かず、四球が生じた場合、打者走者は、二塁に、一塁走者は、三塁に進塁しています。
投手がノーバウンドで投げた結果四球が生じた場合であっても、打者走者は、二塁に、一塁走者は三塁に進塁しても構いません。無死又は一死で、既に出塁している走者は、審判が投球の軌道に「ボール」「ストライク」という価値が付けられる前にスタートをしていたとしても、投球後は、打者がが産み出したファウルを野手が捕球できなかった場合は、ルール上、帰塁しなければなりませんが、ストライク、ボールのコールがされる前もされた後も、捕手以外の野手にノーバウンドで捕球されない限りは、帰塁する義務は生じません。
攻撃の土台は、引っ張ってフライボールを産むインサイドアウトスイングとBase Steal Sweepin’です。
投球の軌道に合わせ、捕手方向に首を捩じりストライドを広げてコーナーギリギリの投球の軌道に対し、トップスピンにトップハンドの肩関節の内旋を合せ、スイングを止めたり、トップハンドの肩関節の内旋を合せカット打ちをする打者には、投手は、ストライクゾーン内に投球してきます。労働力が再生産できなくなった場合以外は、四球を与えません。

引っ張ることの基礎は、トップスピンの投球の軌道にトップハンドの小指基節骨を入射することです。

フライボールを産む基礎は、トップハンドの親指基節骨でグリップを叩くことです。

トップハンドの肩関節の外旋を解き、トップハンドの親指のしなりを解いてバットを操作した場合、ヘッドが現実に稼動する範囲が最も広くなるのは、トップを作った後にトップハンドの肩関節を外旋し、トップハンドの親指の指先のしなりをMaxにするインサイドアウトスイングです。ボトムハンドの肘が突っ張っていると、トップハンドの肩関節の外旋運動の回転半径が長くなってしまいます。ボトムハンドの肘にトップハンドの肩関節方向に入らせなければ回転半径を短く、トップハンドの肩関節の外旋運動の加速距離を長くできます。トップハンドの肩関節の外旋が大きいほど、トップハンドの肩関節の内旋の加速距離が長くなるからです。
アウトコースであろうとインコースであろうと、打撃の基本は、引っ張ってフライボールを産むインサイドアウトスイングです。
引っ張ってフライボールを産むインサイドアウトスイングができる打者に対しては、投手は、インサイドアウトスイングをした場合にヘッドが届くコースには投球しません。更に、現在では、申告四球を与えます。投手から四球をもらえるのは、引っ張ってフライボールを産むインサイドアウトスイングです。

走塁の基礎は、オーバーランです。打者走者及び既に出塁している走者は、経済関係上、オーバーランをして進塁する”義務”が生じます。
投手から四球をもらった後、加速せずにチンタラ歩き続ける打者走者及び既に出塁している走者は、”アホ”です。

8回表一死一塁、伊藤は、カウント3-2からインコースベルトの高さで、ホームベースの内側のラインを外れて入ってくる投球をして浅村に四球を与えます。浅村は、バットを担いだまま上体を立てていき、宇佐美が投球肘をアクセレーションした後に骨盤を前傾し、一塁に歩き始めます。宇佐美の二塁送球が逸れ、送球は外野に進みます。
四球の場合、1)2つ以上進塁ができること、2)特に二死を取られた後、打者走者は、他に出塁した走者がいなければ、コーナーギリギリのノーバウンドの投球の投球のトップスピンの軌道に対してトップハンドの肩関節を外旋した場合は、ストライク、ボールをされる前に一塁ベースを蹴らないと、得点の起点とすることができません。浅村は、1)の根拠によって、審判のコール前にスタートを切ることが正当化できます。
浅村は、ホームベースの前を通過しないと一塁に行けませんので、守備妨害ではありません。野手が進路を跨いでブロックしてきた場合、ブロックしてきた野手を押しのけて進塁して構いません。
一死三塁になれば、ヒットを打たなくても、投ゴロ、捕ゴロ以外は、得点できるからです。

宇佐美は、ボールを持っているわけですから、浅村の進塁をブロックして構いません。浅村との接触を避ける必要はありません。よって、審判のコールがされる前に、浅村を押しのけてスローイングを行わなければなりません。打者走者には、フルカウントからの投球の軌道に「ボール」という価値が付けられた段階で、最低一つの進塁がプレゼントされているので、捕手には走塁妨害が生じたか否かの問題は生じません。

7回裏2ランスクイズの失敗

7回表一死二三塁、松本は、初球、右膝が地面を着くまでフルスイングします。トップを作った後、右肩関節が外旋していないと左股関節は戻りません。右膝が地面に着くまで振れるということは、インサイドアウトスイングの完成度が高いことの証左です。松本のカウントは、2-1の場面で、スクイズのサインが出されます。走塁の基礎の一つはオーバーランです。2ランスクイズのサインが出ていなくても、三塁ベースをオーバーランする義務が生じます。三塁手は、アンツーカーから出て芝生が敷かれている位置に守っており、三塁ベースに背を向けています。二塁走者は、三塁ベースを蹴った後に三塁に留まる根拠は生じません。松本は、ブセニッツがセットを解いた後、右手親指基節骨、中指第二関節、薬指第二関節、小指第二関節をグリップから浮かせます。ブセニッツが右手親指基節骨でボールを叩いた後、右手親指の基節骨でグリップを叩いてバントのセットアップができました。アルカンタラは、松本がバントのトップを作った後にスタートを切ります。続いて中島卓也が松本が右手親指基節骨がグリップに当たる前にスタートを切ります。松本は、一塁線に転がします。打球が産み出された直後、アルカンタラは、二三塁間の55%を通過しています。ブセニッツが上体を建て腰を落として背骨の中心で両手で捕球します。バックステップした後、右肘が上がらず、右手親指基節骨でボールを叩き直して右肘を上げ、トップを作った後、一塁ベースにリリースします。しかし、アルカンタラは、右足のスパイクの内側から入射し右足の爪先で三塁ベースのマウンド寄りのコーナーを蹴ります。右足はオーバーランさせますが、左足スパイクの内側を三塁ベースの二塁ベース寄りのラインに引っ掛けます。

釜田佳直のピッチング

釜田は、左手親指の指先、右手親指の指先をボールの外側に反らし、右手中指の付け根にボールを嵌める。右手首を背屈、左手首を底屈している。右腕前腕部は回内し、左腕前腕部は回外している。グラブは、背骨の前でベルトの高さにセットする。右足のスパイクの内側、左足のスパイクの内側でエッジをかけ、右足のスパイクの内側は、プレートの一塁側に沿わせる。左膝はオープンスタンス、左肩はスクエアスタンスにしている。左肩は、左打席の外側のラインからボール2個分入ったところに向ける。両肩を結ぶラインと首の交わる角度を160°にしており、頸反射していない。セットアップの段階では、右股関節を内旋、左股関節を外旋している。
首を三塁側に向けると、左肩が左打席の外側のラインからボール3個分入ったところを向く。グラブが背骨の右側に動く。
首を左打席の方に戻す。右足踵を浮かせたり、右足踵で荷重したりする。
右足踵で地面を荷重し首を左打席の外側のラインからボールの2個分入ったところに向けると、左肩が左打席のボール1個分入ったところを向く。頸反射していない。右足小指球にウェイトが移る。グラブが背骨の前のベルトの上の高さに動く。左足拇指球で地面を蹴る。右足踵にウェイトがかかる。
左腕前腕部を回内、右腕前腕部を回内する。右手首は骨盤の右側を通過する。左足の前脛骨筋が回内(外反)し、左足の裏が35°の角度で立つ。左足首は背屈し、左膝の屈曲の角度は、アウトサイド150°である。左足の爪先が左打席の内側のラインに揃う。頸反射していない。右足小指球にウェイトがかかる。左足のスパイクの内側から入射する。リリース直後の右肘の高さ、右腕上腕部の交わる角度は、オーバーハンドである。右腕上腕部が凹む。

ブセニッツのピッチング

ブセニッツは、一死二三塁のケースで、首を左打席の外側のラインからボール1.5個分入ったところに首を向け、左肩を左打席の外側のラインからボール1個分入ったところに向けます。左手親指の指先でボールを押し、右手親指の指先のしなりは小さい。右手中指の付け根にボールを嵌める。グラブは背骨の前で、ベルトの高さにセットする。右手首を背屈し、右腕前腕部は回内している。左手首は底屈し、左腕前腕部は回外している。左足のスパイクの内側、右足のスパイクの内側でエッジをかけ、右足のスパイクの外側は、プレートの一塁側に沿わせる。セットアップの段階では、右股関節は内旋し、左股関節は、外旋する。首を三塁線に向けると、左肩が左打席の外側のラインからボール2個分入ったところに向きます。首と両肩を結ぶラインが交わる角度がアウトサイド115°のところから、左足拇指球で地面を蹴り、レッグアップを開始します。左膝を肋骨下部で屈曲したときに、首が左打席の外側のラインからボール1.5個分入ったところに向き、左肩が左打席の外側のラインからボール1個分入ったところに向きます。グラブは背骨の前で胸の高さに上がります。右足首が背屈し、右足が踵体重になります。左首は背屈し、左足つま先が遊撃定位置方向を向きます。グラブを背骨の前で肋骨下部に落とし、左膝を骨盤の高さに落とし、左膝の屈曲の角度が90°になってから左腕前腕部、右腕前腕部を回外してセットを解きます。左足首は背屈しています。頸反射はしていますが、両肩を結ぶラインの外側に首は出ていません。右足踵にウェイトがかかります。
右腕前腕部を回内します。グラブを右股関節の位置まで落とします。左腕前腕部が回外したままグラブに右肩関節方向に入られます。左腕前腕部を回内します。右肘は完全には伸展させません。
右手首は骨盤の右側を通過させず、骨盤の右側と二塁ベースを結ぶライン上で右腕前腕部を回外します。右手親指基節骨でボールを叩いて右肘をつまみ上げます。
左足は、スパイクの内側から入射します。両股関節をぶつけた後、左足小指球で2回ステップします。

宮森智志のピッチング

左手親指の指先でボールを押し、右手親指の指先は、ボールの外側に反らす。ボールを右手中指の付け根に嵌める。グラブを背骨の前で、ヘソの高さにセットする。首を三塁線方向に向ける。左肩が左打席の外側のラインからボール2.5個分入ったところを向く。
首を左打席の外側のラインからボール1.5個分入ったところに向ける。右手首を背屈し、左手首を底屈している。右腕前腕部を回内、左腕前腕部を回外している。左肩を左打席の外側のラインからボール1個分入ったところに向ける。右足首、左足首を底屈している。セットアップの段階では、右股関節を内旋、左腕前腕部を外旋している。左肩はスクエアスタンス、左膝はオープンスタンスにしている。左足のスパイクの内側、右足のスパイクの内側でエッジをかけ、右足のスパイクの外側をプレートの一塁側に沿わせている。
左腕前腕部、右腕前腕部を回外し、セットを解く。左膝を肋骨下部の高さでインサイド45°に屈曲し、右足首が底屈する。頸反射している。右足首が底屈し、右足小指球寄りにウェイトがかかる。
右腕前腕部を回内し、左足前脛骨筋を回内(外反)し、左足の裏を15°に立てる。左足首を背屈する。左膝の屈曲の角度は、アウトサイド145°になっている。右足踵で地面を荷重する。
左足は、スパイクの内側から入射する。

西口直人のピッチング

左手親指の指先、右手親指の指先をボールの外側に反らす。右手中指の付け根にボールを嵌める。右腕前腕部を回内、左腕前腕部を回外している。右手首を背屈し、左手首を底屈している。左肩を左打席の外側のラインからボール1と1/3個分入ったところに向ける。首を左打席の外側のラインからボール1個分入ったところに向ける。
左膝をベルトの上の高さで屈曲する(二段モーションの2回目のレッグアップ)。首が左打席の中心線からボール1.5個分外れたところに向く。左肩は、左打席の中心線からボール1個分外れたところを向く。左腕前腕部、右腕前腕部を回外してセットを解く。
左足は、スパイクの内側から入射する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA