2019広島vs西武2回戦,大瀬良大地6回1失点,バティスタ17号ソロ,田中広輔3号満塁ホームラン

十亀から6回まで野間のヘッドアップで1点しか取れなかったことはいただけないが、広輔まで復活してバカープファン的に言うなら、ううっつれしいよ~うぉなはあっ、くわいよおな~あとヒーカップ付きで歌い出すような試合である。

ボードに掲げられたスコアだけ見ると、老人と女、子供から物資を強奪する北斗の拳のモヒカンのような試合だが、森脇は、現段階でも十亀よりいい投手。森脇は回転半径も小さくテイクバックは横に小さく右肩を左肩よりも下げ右腕を担いで(右腕上腕部の外旋)から両肩峰をぶつけて投げており、後はターンをタンブルが出来ればもっと良くなる投手である。

大瀬良大地のピッチング

大瀬良は、6回終了まで120球を要す。

打者がファウルを連発しているということは優勢に押しているけどねじ伏せられていないということである。

強力打線であるからこそゾーン内に投げていくことが重要。
実際に、前半からタンブル&ターンを多用した試合では少ない球数でイニングを食えている。

外崎の本塁打を打たれた投球では、右肘をつまみ上げたときに右股関節が内旋し始め、右足がインエッジ、小指球を支点に右膝が内に入っていた。左足はスパイクの内側の踵から着地しているが左手は親指が上で左肩左膝が開いていた。

外崎は、振り下ろし始めに右肩が下がり、ヘッドステイバック、ヘッドステイバック自体はそれほど大きくはない。コンタクトの過程でカチ上げからボールの軌道と水平なレベルスイングに変更し手首の下がりを抑え左肘を抜いて運んだ。

大瀬良は、3回裏、三塁側に目線を切らずにプレートの前に軸足を外し(実際に牽制を投げればokです。)左肩の方に体軸を回転させて牽制、源田を刺す。本業の打者への投球だけでなく本業以外もこなせるのが勝てる投手の要件だ。

バティスタ、田中広輔のバッティング

森脇は、14球目、右肘をつまみ上げたときに左手は親指が上で左肩が開きリリースの瞬間に右腕上腕部の付け根が凹みドロップのようなカーブをアウトローにワンバウンドさせる。

バティスタは完全着地のときまで左肩を内に入れずに残し、右脇の空きはもう少し欲しいが右肘がヘッドの外側に張り出している。左肩が顔を塞がず頭も骨盤の中心線上にある。右股関節、左内転筋の内旋もできヘッドも立っている。微動だにしない。バティスタは、これらができている限りは安定して打つだろう。

バティスタは、森脇の投じた15球目の真ん中ストレートを、探りのとき右肘がヘッドの内に入るが右足がアウトエッジ、左膝をオープンに運び壁ができる。ヘッドを残して打ちバナナカーブができる。左肘を使ってバットでボールを掃う。

森脇は15球目、骨盤より上に左膝をレッグアップ、レッグアップのときに右股関節を外旋、「く」の字を作ったときにも右股関節、左足内転筋の内旋もできているが右膝だけが内に入っている。スパイクの内側の拇指球から着地してしまっていた。フォローのときに左膝が折れ曲がっていた。

齊藤大将は、右膝のレッグアップ、レッグダウンのときに左股関節を外旋する。逆「く」の字を作ったときに右足内転筋の内旋はしているが、左股関節が内旋し骨盤が一塁側に滑る。テイクバックが横に大きく、上体と下半身の捻転差が大きい。齊藤大将は、田中広輔に14球目、インコースベルトの高さにスライダーを投じる。

田中広輔は、探りのときに左肘がヘッドの内側に入るが左足はアウトエッジ、ステイバックができている。左股関節の外旋、右足内転筋の内旋もできている。回転半径が狭く右肩も残る。両股関節をぶつけたとき右膝が伸びて壁ができている。打球にスライス回転がかかるが押し手主導で打てており90点の出来

佐野は、左股関節を外旋して右膝をレッグアップ。逆「く」の字を作ったときに左足はアウトエッジ、踵寄りに重心をかける。左股関節が内旋し左膝が内に入る。右足内転筋の内旋をするときとしていないときがある。左肘をつまみ上げたときに左肩甲骨をぶつけるが、左足の小指球を支点に左膝が内に入る。右足はインステップし、スパイクの内側の拇指球寄りから着地する。

西川は、9回表、真ん中低目のスライダーをヘッドアップ、記録はワンヒットワンエラーだが内容は良くない。