中日の元クローザー田島慎二のピッチング

田島は、拇指球に重心をかけて左足を上げ、右股関節を外旋、左膝を下し上体と左足で「く」の字を作り、右足はアウトエッジ、左足内転筋を内旋する。

右腕をつまみ上げたときに左肩が開き、左肘を左膝が並進しない。

田島は、アーム式に近いテイクバックをし、右肘の出が、左肩、左膝の割れに遅れ、右肘が伸びる。

右肩関節の外転のときに三塁側に回転軸が傾く。

左足はスパイクの内側から着地し、リリースの際に打者の正面に胸を向ける。

左足の着地から右肘が出てくるまでの間が短い。

田島は、リリースの瞬間に打者の正面に両胸だけでなく骨盤が向くことがある。