先発投手として復活した山井大介のピッチング

動作解析

右足の踵に重心を置き、左膝をレッグアップしたときに右股関節を外旋し、左足を踏み出すまでキープしている。

クイックで投げるときも、右股関節を外旋してからステップする。

右足のスパイクの外側に重心をかけてステイバック。

テイクバックのときに右肩を左肩よりも下げる。

クイックで投げるときは、両肩が水平で、右肩関節を外転する前に右肩を下げる。

テイクバックのとき、右腕前腕部を回内しているが右腕を背中の方に引いているのでテイクバックは横に大きい。

右肩関節の外転のときに、右膝が内に入る。

右肩関節の外転のときに、コックした右肘を一塁側に引かない(肩甲骨の稼働域は広くない)。

左膝はスクエアだが、左肩が開く。

左膝を「く」の字に曲げて左肘と左膝を並進し、左足の着地位置の探りが短い。

左足はスパイクの内側から着地する。

右肩上腕部を外旋してトップを作ったときに、右腕前腕部が回内し、右膝が内に入ることがある。

右腕前腕部を回内するときに、ダブルプレーンになることがある。

左足の着地から右肘が出てくるまで間がある。

各種指標