ヤクルトスワローズに新加入した寺原隼人のピッチング

寺原は、左足内転筋を内旋せずに右股関節を外旋し、右足はインエッジである。

テイクバックの開始のときに右膝が外側に逃げる。

外転のときにできるCアーチも右足はインエッジで右膝が内に入る。

左手は親指が上だが、左腕上腕部の内旋はできている。

左足はスパイクの内側から着地する。

左足の着地から右肘が出てくるまでの間が短い。

リリースの瞬間に左足は突っ張らない。

フォロースルーになってから左足が突っ張る。

右腕前腕部の回外のときに右足を蹴る。