中日から移籍2年目,武藤祐太のピッチング

武藤(右右)は、右足踵に重心を残して右股関節を内旋して左膝を上げ、上体が反る。

「く」の字を作ってステップするときに、右足の拇指球に重心を移す。

左足は、踵から着地する。

右足を一塁側にターンさせてフォロースルー。

トップを作ったときに、右腕前腕部が回外して右肘が沈み、右肘の出が左肩、左膝の割れに遅れ、リリースの瞬間に右肘が伸びる。

右肘前腕部と右肘が背中の方に入ることがある。

右腕上腕部が外旋してトップを作ったときに、右腸腰筋、右股関節が外旋し、左肩、左膝が割れることがある。

右腕上腕部が凹み、右肘、トップの位置が下がる。

リリースの瞬間に左膝は突っ張らない。

各種指標

球種配分

球場別成績