2018広島vs巨人。延長12回引き分け。

確かに、この試合に負けたところで、圧倒的に有利な状況は変わりません。

しかし、野球の土台を固める上で、ロースコアの接戦であるこの試合は勝たなければいけない試合であったように思います。

大瀬良は、1回表、マルティネスをワンバウンドのフォークで空振りの三振に取ります。

しかし、リリースの瞬間に右腕上腕部が凹んでいます。

大瀬良は、この試合、ボールを引っ掛けて、ワンバウンドさせることが多かった。

ボールを引っ掛けるのは、指先だけの問題ではありません。

メンタルは全く関係ありません。

メンタル厨が投手を潰すのです。

トップを作る過程で、又は、トップを作ってからリリースの瞬間若しくはフォロースルーの過程で、右肘が下がり、更には、右腕上腕部が凹むこともある。

だから、手首が寝てボールを引っ掛ける。

低目のボール球は、バットとボールの軌道の距離が取りやすいので、打者は、切り捨てることができるのです。

この試合の大瀬良は、テイクバックのときに、右腕を背中の方に引いて横回転になっていることがありました。

大瀬良は、ボールを置き、シュート回転し、ボールの軌道が垂れており、瞬発力が乗っていない。

鈴木がライトスタンドに背を向けて背走して捕球したことを始め、バックにも助けられた。

6回まで無安打無得点でしたが、無安打無得点は、100%ダメだろうなと思って見ていました。

大瀬良と岡田の限界の見極め、交代のタイミングは難しくありません。

右腕上腕部が凹むというケースが頻発したときです。

この見極めができなければ、投手コーチを辞めちまえということ。

大瀬良は、上体を一塁側に倒して右足を一塁側にターンさせてフォロースルー。

3つ目のアウトを取ります。

この試合に関しては、7回表が終わったところで降板させる必要があると感じました。

菅野は、テイクバックのときに、右肩が上がり、右腕を背中の方に引いています。

トップを作ったときに、右股関節、右腸腰筋が外旋しかかり、トップを作り切らない内に、右肘を推進させており、上体、下半身共に、横回転になっていることがありました。

菅野の状態も良くありません。

大瀬良のヘッドがボールの下に入ってスライス回転がかかりボールが弾んだこと、西川のスタートが早かったことにより、スクイズで得点したこと。

丸がヘッドを残して壁を作ってレフトスタンドに打った本塁打。

前者は、点の取り方が良くない。

投手以外の打者が菅野に負けている。

弱いチームの野球。

菅野を打ち崩すことができなかったことがこの試合に勝てなかった原因だ。

陽は、ヘッドを残して打つが、ヘッドが遠回りしてヘッドがボールの内側に入る。

センターから右に打球が多く飛ぶ。

インコースのベルトより上は、打つのが難しい。

中﨑は、リリースの瞬間は、左足を突っ張らせて投げられている。

しかし、トップを作る過程で、右腸腰筋、右股関節が外旋しかかり、スライダーが裏返ってしまった。